占いジプシーになる人の特徴!原因と対策&占いジプシーから抜け出す方法

占いジプシーになる人の特徴!原因と対策&占いジプシーから抜け出す方法

この記事では、占いジプシーの特徴や危険な理由などをわかりやすく解説します。

占いジプシーを克服する方法や実際に克服した人の体験談も紹介しているので、占いなしでは生活できない人や自分が占いジプシーかも?と感じている人は是非参考にしてください。

占いジプシーとは?

占いジプシーとは?

占いジプシーとは、1人の占い師の鑑定結果に満足できなかった場合などに、自分の希望通りの良いことを言ってくれる占い師が見つかるまで複数の占い師の鑑定を受けて回ることを指します。

占いが当たっているかどうかよりも自分の気にいるような結果を伝えてくれることを重視しているため、短期間で同じ内容で連続していろいろな占い師の鑑定を受けるのが特徴です。

占いジプシーが危険な理由

占いジプシーが危険な理由

危険な理由は次の2つ

正しい鑑定結果を受け止めることができない

実力のある占い師は正しい鑑定結果を伝えてくれるので、時には自分にとって良くない結果であることも少なくありません。

その結果を受け止めて対策をすれば上手くいくことも、良くない結果だからといって目を逸らしていれば良い未来は訪れることがありません。

占いジプシーは正しい鑑定結果を受け止められないので、余計に幸せから遠ざかってしまうのです。

都合のいいところだけ信じてしまうようになる

占いジプシーは、自分にとって良い結果を伝えてくれる占い師を好みます。

良いことと悪いことを告げられても、良いことだけを耳に入れて悪いことは気にしないようになってしまいます。

いろいろな占い師に占ってもらっても良いことだけしか信じないので、占いの意味がなくなってしまうのです。

占いに左右される人の特徴!占いに振り回されるのはよくない理由

占いジプシーになる人の特徴

占いジプシーになる人の特徴

占いジプシーになる人の特徴は次の6つ

複数占い師から答えを聞こうとする

占いジプシーの特徴は、1人の占い師に占ってもらうだけでは満足することができず同じ事柄でも複数の占い師に占ってもらおうとします。

自分の納得のいく答えを聞けるまで占い師を渡り歩く傾向があります。

占いの結果が信じられずに不安になる

占いジプシーは、占いで良い結果が出たとしても「本当に当たっているのだろうか?」と不安になりやすく、他の占い師にも占ってもらおうとするところがあります。

不安を解消するために他の占い師から良い結果を聞きたいと考えるのです。

占ってもらったばかりなのにまた占いを受けたくなる

占いジプシーは占いを受けることで安心することができます。

同じ事柄について再度占うには、状況が変わったりある程度期間があいていなければなりません。
そのため、日をあけずにすぐに前回とは違う占い師の占いを受けようとします。

ささいなことでもすぐに占い師に頼りたくなる

占いジプシーは迷ったり悩んだりした時に占いがなければ解決をすることができません。

本来は自分で判断できるようなささいなことでも、とりあえず占い師のアドバイスを受ければ間違いないと安易に頼ってしまいます。

相手の気持ちやこれからのことを何度も確認したくなる

占いジプシーは、占いによって相手の気持ちやこれから起こることを知ろうとしますが、一度占いを受けただけでは不安なので繰り返し確認しようとします。

普段から相手の気持ちなどを信じるために何度も確かめようとする人は占いジプシーになりやすいです。

優柔不断で自分で決めることができない

占いジプシーは、物事を自分自身で決めることができないため占い師に決めてもらいたいと考えています。

日頃から優柔不断で物事をなかなか決めることができないという性格も、占いジプシーによく見られる特徴です。

占いジプシーの状態・原因について

占いジプシーの状態・原因について

占いジプシーの状態

ストレスがたまっている状態にある

普段仕事や人間関係などでストレスが溜まっている人は、気分転換として占いを利用しようとすることがあります。

しかし、過度にストレスがたまった状態にあると、占いにのめり込みすぎでしまいます。

ストレスを解消するために、自分にとって良いことを言ってくれる占い師を探し求めようとしています。

自分にとって都合の良い結果しか信じない

占いジプシーになってしまう人は、自分にとって良い結果だけを信じようとして、悪い結果は受け止めることができません。

悪い結果や望んでいない結果を告げる占い師は当たらない占い師だと判断するため、別の占い師にまた占ってもらうのです。

何度も同じ質問を繰り返してしまう

占いジプシーは、悪い結果が出ると信じられなくて良い結果が出るまで占ってもらいたくなります。

また、良い結果が出ても本当に当たっているのか不安なので何度も同じ質問を繰り返したりします。

同じ占い師には何度も同じ質問ができないので、複数の占い師に同じことを質問しようとします。

占い師以外に悩みを話せる相手がいない

占い師は悩みに耳を傾けてくれて励ましてくれたりアドバイスをくれたりします。

普段、身近に悩みを相談できる相手がいない人は、占い師に話を聞いてもらいたいと思うようになり、お金を払ってでもいいから占い師を頼ろうとします。

本当に良い占い師と出会っていない

占いジプシーになるということは、占い師に何かしら不満を持っていることも考えられます。

最初から本当に当たると評判の信頼できる占い師に占ってもらうことが大切です。

また、本当に良い占い師は占いに依存しないように時には厳しいことを言ってくれたり、占いなしでも前向きに生活できるようなアドバイスをしてくれます。

占い好きの女性の特徴と心理!男から見たら占い好き女子の印象は悪い?

占い好きの女性の特徴と心理!男から見たら占い好き女子の印象は悪い?

続きを見る

占いジプシーになりやすい人

占いジプシーになりやすい人

占いジプシーになりやすい人とは

他人の話をすぐ真に受けてしまう人

占いジプシーは元々、人から言われたことをすぐに真に受けてしまう傾向があります。

他人の話を信じやすいので、占い師に言われたことも本当だと信じやすく占いにのめり込んでしまうのです。

自己肯定感が低く自信がない人

自分に自信がない人は、占い師に自分を肯定してもらうことで安心することができます。

自己肯定感を取り戻すために、ついつい優しい言葉を求めて占いを利用してしまいます。

ネガティブでマイナス思考な人

元々ネガティブですぐに不安になってしまうマイナス思考な人は、相手の気持ちや未来に起こることを知りたいと考えています。

占いで知りたいことを確かめようとしますが、たとえ結果がわかっても不安になり何度も繰り返し複数の占い師に占ってもらいます。

占いジプシーを避けるには?

占いジプシーを避けるには?

占いジプシーを避ける2つのこと

ひとつの悩みを占ってもらうのは1人の占い師だけにする

何か悩み事や知りたいことがあった場合、1人の占い師の結果を信じられずに他の占い師にも占ってもらう、ということはよくありません。

たとえよくない結果だったとしても、どうすれば上手くいくのかアドバイスもしてもらえるので、1人の占い師にじっくり占ってもらうようにしましょう。

同じことを同じ占い師に占ってもらうなら最低3ヶ月はあける

同じことを短期間で複数の占い師に占ってもらうと占いジプシー状態になってしまいます。

もしまた同じことを占ってほしいという時は、最低3ヶ月はあけることを心がけてください。

このくらいの期間を開ければ状況も何かしら変わるので、占いジプシーという状態にもなりません。

占いジプシーを克服する方法

占いジプシーを克服する方法

克服する方法

自分がジプシーということを受け止める

占いがやめられないから短期間に複数の占いを受けている、結果に納得できないから複数の占い師に占ってもらいたくなる…これは占いジプシー状態といって間違いありません。

自分が間違ったことをしていることに気づかなければ占いジプシーを克服することはできません。
まずは、自分が占いジプシーである事実を受け止めることが第一歩です。

ストレスになっていることを解消する

占いジプシーになる人は、普段から精神的なストレスを抱えていることが多いです。

仕事にストレスを大きな抱えているのなら転職などを考えたり、人間関係でストレスを抱えているならそのような人たちと距離をおくことでストレス源を断つことができます。

ストレスになっていることが解消されれば、占いにのめり込むこともなくなるでしょう。

ささいなことからでも自分で選択をする

占いジプシーになると、ささいなことでも自分で選択するということができなくなります。

迷ったり悩んだりした時に、自分で決断することができないのですぐに占いを頼ってしまいます。

まずは、日常生活の中で小さなことでも自分で選択をする癖をつけましょう。

決断力を養ううちに、占いに頼りたい気持ちを克服することができます。

他人や環境など周りのせいにするのはやめる

占いを信じやすい人は、何か思い通りにいかないことやトラブルがあったりすると、自分以外の他人や自分がおかれている環境のせいにする傾向があります。

しかし、現実と向き合うと結局は自分自身にも責任があることが多く、納得のいかない結果だとしても自分自身が選んだ道であることがわかります。

そのことを理解すれば、複数の占い師に依存したい気持ちから解放されることができるでしょう。

電話占い依存症を克服した方法

占い依存症とは?占い依存症を克服する方法

続きを見る

五感を満たすことを心がける

占いジプシーになる人は精神的に不安定な状態にあることが多いです。

自分自身をリラックスした状態にするには、心地よいと感じる音楽を聴いたり、美しい風景を眺めたり、良い香りを嗅いだり、マッサージで体をほぐしたりと五感を満たすようなことをするのが有効です。

心身共に満たされてリラックスした状態になれば、毎日占いのことで頭がいっぱいになることもなくなるでしょう。

占いジプシーを克服した人たちの体験談

初めてタロット占いをしてもらったらびっくりするほど当たっていて、毎週のようにいろいろな占いに通うようになってしまいました。良いことばかり信じていたけど、上手く行くと言われたのに好きな人にフラれてしまい、100%当たるとは限らないんだと目が覚めました。

不倫の悩みを誰にも相談できなくて、複数の占い師に頻繁に話を聞いてもらっていました。あるきっかけで相手と別れてからは、占いを頼る気持ちからも抜け出すことができました。

人間関係で辛かった時、優しい占い師に出会ってそれ以来占いに頼るように。でも、そんな私の状態を見抜いてくれた占い師がいて、自分自身で判断することが大切だってアドバイスをしてくれました。それからは、本当に必要な時だけ占いを利用するようになりました。

占いジプシーになるきっかけは、占いがすごく当たっていたり、悩んでいた時に心の支えになったりしたケースが多いです。

克服したきっかけはさまざまですが、占いだけが全てではないと理解することや、ストレスから解放されること、自分自身を変えることで良い方向へ向かうことができるようです。

占いジプシーを克服すれば良いことがたくさんある

占いを参考にすることは決して悪いことではありませんが、のめり込みすぎるとジプシー化したり自分の生活にもよくない影響をもたらすことがあります。

占いジプシーになっている時は、自分自身の精神状態が不安定になっていることが多いので、占いジプシーを克服すれば自然とストレスのない毎日を前向きに送ることができるはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
望月 星乃

望月 星乃

占いセレクト編集部マネージャーです。 子供の頃から占いに興味があり自らタロットで占ったり、失恋のたびに周りで当たると噂になっている占い師の所へ行って占ってもらったり、30年以上占いに関わってきました。 当サイトでは占い好きのスタッフが集まり日々調査を行い、電話占いや全国の占い師についての情報を発信しています。

-電話占いとは