ウォーターサーバーの電気代ってどれくらい?1ヶ月平均実際かかる金額とは

ウォーターサーバーの電気代ってどれくらい?1ヶ月平均実際かかる金額とは

ウォーターサーバーを検討している人の中には、ウォーターサーバーにかかる電気代が気になる人もいることでしょう。

そこで今回は、ウォーターサーバーの電気代の目安や、電気代の安いおすすめウォーターサーバーなどを紹介します。

ウォーターサーバーおすすめ24選【2024年最新】人気ランキングで口コミ・料金を比較
目次

ウォーターサーバーの1か月の電気代はどれくらいかかる?

ウォーターサーバーにかかる電気代は、使用するウォーターサーバーの機種や設置する場所、使用頻度などによって異なります。

一般的に、1か月の電気代の平均は500円~2,000円程度となります。

しかし、エコモードなどの省エネ機能を搭載したウォーターサーバーを使用する場合や、使用頻度が少ない場合には、電気代がもっと安くなることもあります。

電気ポットや冷蔵庫と比較すると、ウォーターサーバーの方が電気代を安く済ませることができます。

電気代が安いウォーターサーバー8選

電気代が安いウォーターサーバーを紹介していきます。

電気代が安いウォーターサーバー1位:エブリィフレシャス

エブリィフレイシャス

料金3,300円~3,850円
水代
電気代約360円~/月
水の種類
サーバータイプ浄水型

特徴・おすすめポイント

エブリィフレシャスは、毎月定額で使い放題の浄水型ウォーターサーバーです。

初期費用やサーバーレンタル料、配送料といった費用がかからないので、安心して利用できます。

また、水道水を浄水して使うため、水代がかからないこともメリットとなります。

ウォーターサーバーは全機種に省エネモードが搭載されていて、電気代を最大で60%節約することができます。

定額料金で好きなだけ水を使いたい人におすすめのウォーターサーバーです。

エブリィフレシャスの口コミ!後悔しないためにメリットとデメリットを調査

電気代が安いウォーターサーバー2位:コスモウォーター

コスモウォーター

料金4,104円~/月(水代)、0円(レンタル料)
水代500ml換算約86円
電気代約474円/月~
水の種類天然水
サーバータイプ天然水

特徴・おすすめポイント

コスモウォーターは、鮮度が高くミネラルの豊富な天然水を配送するウォーターサーバーです。

料金としてかかるのは毎月の水代だけで、初期費用やサーバーレンタル料、配送料などは無料となっています。

ウォーターサーバーには消費電力を最大60%節約できるエコモード機能があり、1か月の電気代の目安は474円まで抑えられています。

ボトルをバスケットに入れて足元に設置するデザインなので、ボトル交換の負担が軽いことも魅力と言えます。

コスモウォーターの口コミ・評判!アンケート調査の結果で分かった騙されない心構えとデメリット・メリット

電気代が安いウォーターサーバー3位:スリムアール|Locca

料金2,680円
水代
電気代約17円/日~
水の種類
サーバータイプ浄水型

特徴・おすすめポイント

スリムアールは、水道水をろ過する浄水型のウォーターサーバーです。

浄水型なので水の購入の必要がなく、定額の月額料金だけで水が使い放題となります。

ウォーターサーバーには温度調整機能があり、約6度の冷水と約85度の温水を簡単に使い分けることができます。

また、エコセンサーも搭載されていて、部屋が暗いときは自動的に温水機能がオフになるため、電気代を節約することができます。

余計な費用をかけたくない人におすすめです。

Locca(ロッカ)の口コミ!後悔しないためにメリットとデメリットを調査

電気代が安いウォーターサーバー4位:ピュアライフ|ウォータースタンド

ウォータースタンド

料金3,300円
水代
電気代約462円/月~
水の種類
サーバータイプ浄水型

特徴・おすすめポイント

ピュアライフは、ウォータースタンド株式会社がレンタルしているウォーターサーバーです。

水道水を注いでろ過する浄水型なので、専用の水を購入するための費用がかかりません。

初期設置費も無料で、毎月のサーバーレンタル料だけで利用することができます。

ピュアライフにはレベル1とレベル2の2段階の節電機能が搭載されていて、使い方に合わせて消費電力を抑えることが可能です。

温水の給水口には自動でロックがかかるため、安全性も高いです。

ウォータースタンドの口コミ・評判!利用して分かったメリット・デメリット

電気代が安いウォーターサーバー5位:フレシャス

フレシャス

料金4,924円~(水代)、0円~(レンタル料)
水代500ml換算約85円
電気代約330円/月~
水の種類天然水
サーバータイプ天然水

特徴・おすすめポイント

フレシャスは、3種類の天然水から選んで使用できるウォーターサーバーです。

7.2リットルの軽量ボトルを採用しているのが特徴で、ボトル交換がしやすいのが魅力です。

ボトルは使い捨てで、不燃ごみとして出せるので回収の手間もかかりません。

また、ウォーターサーバーにはスリープ機能・エコモード・デュアルタンクと3つの省エネ機能が搭載されています。

省エネ機能をフルに使えば、月の電気代を約330円まで抑えることが可能です。

フレシャス利用者の本音をアンケート調査!口コミ・評判で分かったメリットとデメリット

電気代が安いウォーターサーバー6位:ハミングウォーター

ハミングウォーター

料金3,300円
水代
電気代約475円/月~
水の種類
サーバータイプ浄水型

特徴・おすすめポイント

ハミングウォーターは、水道水の不純物を除去しておいしい水にするウォーターサーバーです。

浄水型なので水を注文する必要がなく、月3,300円の定額制で利用できます。

初期費用もすべて無料なので、気軽に導入できるのが特徴です。

ウォーターサーバーは省スペース設計なので、さまざまな場所に無理なく設置できます。

また、ワンボタンでエコモードに設定することが可能です。

そのため、使わないときはボタン一つで簡単に節電できます。

ハミングウォーターの口コミ評判!後悔しないためにメリットとデメリットを調査

電気代が安いウォーターサーバー7位:プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

料金3,542円~(水代)、0円~(レンタル料)
水代500ml換算約83円
電気代約490円/月~
水の種類天然水
サーバータイプ天然水

特徴・おすすめポイント

プレミアムウォーターは、産地にこだわった高品質の天然水を配送するウォーターサーバーです。

水の品質管理が徹底されており、ミネラル含有量の少ない軟水なので、赤ちゃんのミルクにも使えます。

ウォーターサーバーは消費電力を抑える設計になっていて、通常の使用でも電気代は月610円程度に抑えられます。

さらにエコモードも活用すれば、月490円程度まで節約することも可能です。

電気代が気になる人も利用しやすいでしょう。

プレミアムウォーター利用者にアンケート調査!口コミ・評判で分かったメリットとデメリット

電気代が安いウォーターサーバー8位:クリクラ

料金3,180円(水代)、0円(レンタル料)、460円(定期メンテナンス)
水代500ml換算約66円
電気代約756円/月~
水の種類RO水
サーバータイプRO水

特徴・おすすめポイント

クリクラは、水道水をろ過して味とミネラルを調整したRO水を配送するウォーターサーバーです。

水の不純物が徹底的に除去されており、品質には厳しい基準が設定されているため、高品質で安全な水を飲むことができます。

ウォーターサーバーは省エネモデルが用意されており、他のモデルと比較して最大55%の電気代を抑えることが可能です。

コンパクトサイズのウォーターサーバーも選べるので、卓上に設置したい人にもおすすめです。

クリクラの口コミ・評判!アンケート調査で分かったメリット・デメリット

ウォーターサーバーの電気代を抑えるポイント

ウォーターサーバーの電気代を抑えるために考えることを紹介していきます。

省エネ機能のあるウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの電気代を抑えるポイントとなるのが、省エネ機能のあるウォーターサーバーを選ぶことです。

ウォーターサーバーにはさまざまな機種があり、エコモードやスリープ機能といった省エネ機能を備えたものも多いです。

これらの機能を持つウォーターサーバーを選択し、使わないときにはエコモードやスリープ状態にしておくことで、電気代を節約することができます。

ウォーターサーバー選びの際は、電気代の目安や省エネ機能をチェックしておきましょう。

ウォーターサーバーを設置する場所をよく考える

ウォーターサーバーの電気代を抑えるポイントとして挙げられるのが、ウォーターサーバーを設置する場所をよく考えることです。

温度が高くなりやすい場所にウォーターサーバーを設置してしまうと、温度調整機能が働くことが多くなってしまい、電気代が増える原因となります。

直射日光の当たる場所や、暖房に近い場所は避けるようにしましょう。

また、周囲に隙間がないと熱がこもりやすくなるので、家具や壁と10cm程度は間隔を置いて設置することが大切です。

ウォーターサーバーの電気代に関してよくある質問

ウォーターサーバーの電気代は、ウォーターサーバーの種類によって違うの?

ウォーターサーバーの種類によって電気代は変わります。省エネ機能を搭載している機種を使った方が、電気代は安くなります。

ウォーターサーバーの電気代は、設置場所によって違うの?

設置場所によっても電気代が違ってきます。温度が高くなる場所や熱のこもりやすい場所に置くと、消費電力が増えることがあります。

ウォーターサーバーの電気代は、使用頻度によって違うの?

使用頻度で電気代が変わることがあります。使用頻度が高いと消費電力が増え、電気代も高くなりやすいです。

ウォーターサーバーの電気代は、季節によって違うの?

温度調整に電力を使うので、夏や冬には電気代が増えることがあります。

ウォーターサーバーの電気代は、ウォーターサーバーのメーカーによって違うの?

メーカーごとにウォーターサーバーの消費電力は異なります。設置する前に電気代の目安を確認しましょう。

ウォーターサーバーの電気代は、ウォーターサーバーのサイズによって違うの?

同じメーカーや同じモデルでも、サイズが変わると電気代も変わってきます。

ウォーターサーバーの電気代は、ウォーターサーバーの機能によって違うの?

ウォーターサーバーの機種によって、電気代は変わります。機種を選ぶ際は、電気代も比較してみましょう。

ウォーターサーバーの電気代についてのまとめ

ウォーターサーバーの電気代について解説しました。実際にかかる電気代は、ウォーターサーバーの種類や使用する条件によって異なります。

電気代を抑えたいのであれば、省エネ機能のあるウォーターサーバーを選択し、設置する場所にも注意しましょう。

目次