彼氏や彼女と別れたくないときはどうする?成功例を紹介!別れ話が出るサイン・NG行動も解説

彼氏や彼女と別れたくないときはどうする?成功例を紹介!別れ話が出るサイン・NG行動も解説

彼氏・彼女から別れを切り出されたけど別れたくない時、どうしたら考え直してくれるのか気になるところですよね。

別れには兆候がありますので、危険だと感じたら解決策を考えましょう。

この記事がヒントになれば幸いです。

彼氏・彼女が別れたいと思う原因とは

彼氏・彼女が別れたいと思う原因は、なかなか予想が難しいものです。

相手に聞いても本当の気持ちは隠すケースが多く、行動や態度から推せざるを得ない場面も多いでしょう。

そこで、どのような原因で別れることが多いのか、まとめてみました。

相手に興味がなくなった

付き合い始めの頃は、お互いに知りたいこと・話したいことが沢山あったかもしれません。

しかし、デートなどで一緒に居る時間が増えたり、SNSや電話などで日頃から会話したりすると、ある程度のことを知り尽くしてしまいます。

その状況で、別に興味の対象ができるとデートや会話も億劫になりがち。

恋人と遊ぶのが楽しいと感じなくなり、別のことをしたいと考えても不思議はありません。

気持ちがわからない

相手の気持ちがわからないまま付き合うのは、精神的に厳しいものです。

「自分と居て、本当に楽しいのだろうか」など自問することも増え、次第に不信感が募っていくわけです。

一方的に我慢していると感じる場面も多いでしょう。

この状態が続いていると、モヤモヤした気持ちが強まって、やがて別れを考えるようになります。

他の人を好きになった

恋人がいても、別の人を好きになる場合があります。

付き合い始めると安心感がやがて、マンネリに変わっていきます。

こうなると、恋人以外の異性が新鮮で、魅力的に見えてくるのです。

浮気性で恋愛体質な人は、特にその傾向が強いようです。

それが良いか悪いかは別として、冒険や新しい出会いを求める結果、今の恋人から心変わりしていきます。

仕事や趣味が大事

元々恋愛や結婚に興味が薄い人だと、恋人より仕事や趣味を優先しがちです。

恋愛に少し興味があって恋人を作ったものの、人生における重要度は高くない状態です。

また、恋愛に前向きな人でも、仕事や学業の大事な時期には、そちらを優先するケースは少なくありません。

どうしてもそちらに気持ちが向いてしまい、恋人への関心が薄くなるのです。

価値観が合わない

価値観が合わないと、別れを考えるケースは多いです。

自分が大切に思っているものを、相手がないがしろすると良い気分ではないはず。

価値観が合わないカップルは、色々な場面で気持ちがすれ違うため、一緒に居るのが辛くなる傾向があります。

最初は価値観の違いが新鮮に思えても、一緒に居る時間が増えるとストレスになり、我慢が難しくなります。

未来を共有できない

恋人同士になると、お互いが一緒に居る未来を想像することもあります。

その未来は、次のクリスマスかもしれませんし、結婚後かもしれません。

でも、クリスマスは会えない、自分と違って相手は結婚を考えていない、と言った場合は、二人の将来を思い描くのが難しくなります。

相手のことが好きでも、未来を考えると幸せになれる気がしないのなら、別れを考えるのも仕方ありません。

相手の気持ちが当たる占い師!彼の本心を知りたいなら電話占いが最適

相手の気持ちが当たる占い師!彼の本心を知りたいなら電話占いが最適

続きを見る

彼氏・彼女が別れたいときのサイン

彼氏・彼女が別れを切り出したい時に見せるサインは、要チェックです。

気付かないと、何となく「まだ大丈夫かも」と思っていたのに、いきなり別れを切り出される可能性もあります。

相手が別れたがっているのか、それとも二人の関係が落ち着いただけなのか、確かめてみましょう。

目が合わない

付き合い始めてから目が合わなくなったと感じたら、危険サインです。

人間が相手の目を見たくないと感じる時は、色々な理由がありますが、全体的に望ましい内容ではありません。

対象のことが嫌になっていたり、後ろめたい気持ちを隠していたりします。

怒っている場合もあるでしょう。

目が合わなくなったら、何かネガティブな感情を持っていると考えられます。

連絡やデートの回数が減った

付き合い始めて関係性が落ち着くと、自然と連絡・デートの回数が減るのは珍しくありません。

しかし、デートが月一回で、連絡も途絶えがちとなると、危険水準と言えるでしょう。

カップルにとってそれがちょうど良い場合もありますが、他の兆候と併せて考えると、別れのサインかもしれません。

日頃の態度が変化した

態度がそっけなくなった時も、別れのサインと言えます。

特に約束をすっぽかされたり、会話しても反応が薄かったりすると要注意。

特に怒っているわけでもないのに、このような態度をとるのなら、かなり気持ちが冷めている可能性があります。

他にはスキンシップが減った時も危険でしょう。

二人の間に、それだけ距離感が生まれています。

将来の話をしなくなった

恋人同士では、将来の話をすることもあるはずです。

でも、相手が「まだ話さなくていい」とか、「未来のことはわからないから」とはぐらかすようだと、警戒が必要です。

二人の将来について良い印象がないと、考えたくないですから反応も薄くなります。

もし、次のデートなどの近い将来の話まで「わからない」と繰り返すなら、別れは近いかもしれません。

彼氏・彼女と別れたくないときの説得の成功例

別れの危険性があっても、諦める必要はありません。

危険な兆候があっても、うまく対処すると別れを防げる可能性があります。

実際に成功した事例も多々ありますので、チェックしてみましょう。

相手の話を聞いた

じっくりと相手の話を聞いてあげると、解決の糸口が見えることがあります。

特に別れ話を切り出された正念場で、落ち着いて受け止め、よりを戻した人もいるほどです。

大切なのはまず、相手の言い分を聞いてあげること。

こちらに言い分があっても、途中で口をはさむのは良くありません。

言いたいことが言えなくて、別れを考えている可能性もあるためです。

本音で話し合った

本音で話し合って、説得に成功したと言う方もいます。

付き合っているうちに、何かすれ違いが生じてしまい、それが元で別れるカップルも珍しくありません。

自分を良く見せようと、遠慮している場合もあります。

なので、相手が本当はどう思っているのか、自分はどう考えるのかを話し合うと、誤解がとけて仲直りできるわけです。

自分の気持ちや感謝を伝えた

感謝の気持ちや、自分がどう思っているかは何となく気恥ずかしくて、伝えていないことも多いかもしれません。

恋人同士なら何となく察しがつくとしても、言葉にするのは大切と感じる人もいます。

こちらの気持ちがわからないで、相手が不安を感じている時はなおさらです。

自分の気持ちに向き合って、本心を打ち明けてみても良いでしょう。

冷却期間を置いた

押してダメなら、引いてみるのも大切です。

恋愛は駆け引きが大事と言われるとおり、積極的なアプローチを試みるのが良くない場合もあります。

特に相手が感情的になっていたり、考えがまとまらなかったりしているなら、ごり押しは禁物

冷却期間を置いてお互いに冷静になることで考えがまとまり、良い解決策を思いつく可能性があります。

原因を探り改善した

相手がなぜ別れたがっているのか、見当もつかないケースもあります。

その時には、別れの原因をしっかりと調査すると、成功しやすいようです。

闇雲に色々試すよりも、リスクは低いでしょう。

原因を自分で考えるのも良いですが、相手の友人に協力をお願いするのも一手です。

すでに友人に相談している場合もあるので、上手く聞き出してくれるかもしれません。

泣き落としをした

時に泣き落としも有効で、涙を見せて復縁に成功する人は珍しくありません。

男性は特に女性の涙に弱いと言われますが、男性が泣き落としを使う場合もあります。

ただし、男女ともに失敗すると逆効果になりやすく、諸刃の剣と言えるでしょう。

何度も繰り返せる手段でもないため、使いどころを見極めるのも大事です。

諦めないで説得した

熱心に説得して、別れを防いだ事例です。

自分の言いたいことをきちんと整理して、相手の話も聞きながら訴えていくと成功しやすいようです。

特に別れの原因になったポイントを把握して、自身の反省や改善する方法を提案していくと相手も納得してくれやすいでしょう。

相手の都合も考えて、落ち着いて話せるように機会を設けるのがおすすめです。

一度別れを受け入れた

一度別れた後でも、相手がまだ未練を感じている場合は多いです。

そのため、一旦は別れても、うまくアプローチして復縁に成功した事例は数えきれません。

相手にとっても冷却期間になります。

一度距離を置くことで、自分の気持ちにも気づきやすくなるのです。

そしてタイミングを見計らって、何気ない会話から始めてみてはいかがでしょう。

距離を置くと気持ちが戻る?彼氏との関係が改善した成功例

距離を置くと気持ちが戻る?彼氏との関係が改善した成功例

続きを見る

彼氏・彼女と別れたくないときのNGな行動

何とかして関係を維持したい時に、気を付けたいNGな行動があります。

別れたくない相手に好ましくない行動をとると、二人の関係にとって致命傷になりかねません。

はやる気持ちを抑えて、冷静にアプローチ方法を考えたいものです。

しつこく電話やLINEをする

人は嫌だと思うことを繰り返されると、どんどんネガティブな感情が強まってしまいます。

別れを考えている時は、相手が電話やLINEをしたくない可能性が高いため、しつように繰り返すのはNGです。

スマホを見た時、おびただしい不在着信やLINEメッセージがあると、恐怖すら感じかねません。

相手の反応がない時は、日を改めるのがおすすめです。

感情的になる

感情的になると、相手は不安や恐怖も覚えますので良くありません。

例え泣き落としでも、やりすぎると逆効果なのです。

まだ少しの可能性が残っていても、それを台無しにする危険性があります。

できるだけ冷静に受け止めた方が、良いでしょう。

相手の話や態度に思うところがあったとしても、怒ったり興奮したりしないよう、平常心をキープするのが大切です。

その場しのぎで嘘をつく

その場しのぎの嘘ではぐらかすのも、おすすめしません。

計画的に考えた嘘ならまだしも、突発的に思いついただけでは、見抜かれる危険性が高いです。

何らかの方法で確認されて、一瞬でバレる可能性もあります。

また上手く騙せても、やはり、長く続くとは考えにくいでしょう。

何かの拍子にボロがでて、自身に対する信頼が木っ端微塵に砕け散るリスクがあります。

相手を責める

相手を責めても、問題は解決しないことが多いです。

人間関係ですから、どちらか一方が悪いケースは稀でしょう。

だからと言って、お互いに相手を責めると別れる以外の選択肢がなくなっていきます。

お互いに反省するところがあるにしても、相手が別れを望んでいるなら、こちらが自省していると示すのも必要かもしれません。

言い訳をする

正当な理由があれば仕方ない面もありますが、言い訳が多いと、物事の解決を難しくさせます。

まず、相手は改善を求めています。

でも、言い訳をすると、改善を諦めているように見えるのです。

何か努力したような形跡もないと、気持ちのすれ違いは大きくなっていきます。

自分が正しい場合でも、なにか、相手に歩み寄る姿勢を見せた方が良いでしょう。

当てつけで他の異性と仲良くする

当てつけで他の異性と仲良くするのも、失敗しやすいです。

相手の関心を引くどころか、節操がないと呆れられてしまう恐れがあります。

うまく嫉妬を感じさせたとしても、怒ってしまうのが一般的な反応ではないでしょうか。

何かと誤解も生みますし、相手からの評価もマイナスになりやすいので、おすすめできない選択肢です。

彼氏・彼女と別れたくないときの説得のコツ

別れたくない時は、説得してヨリを戻すのが効果的です。

ただ、一方的に思いのたけをぶつけても、相手に響かないかもしれません。

そこで、実際に成功した人の事例から、説得のコツを確認していきましょう。

喫茶店など人がいる場所で話し合う

二人きりで会おうとすると、相手を警戒させるかもしれません。

そこで、不特定多数の人がいる、喫茶店がおすすめです。

気軽な感じで話し合えますし、人目がありますから、相手が感情的になるリスクを避けられます。

その上で喫茶店はお洒落な軽食や、香りのよい飲み物があるので、いい雰囲気に持っていきやすいのです。

もちろん、相手の好みに合わせて店舗を選ぶのも良いですが、やはり、ある程度の人がいる場所がおすすできます。

相手の話をしっかり聞く

相手が別れを考えているわけですから、何か、そう思う原因があります。

まずは、それを聞き出していきましょう。

反論したくなっても、まずは、相手が話し終えるまで待ちます。

話を遮ると、火種が増えるからです。

例えば、会える時間が少ないのが原因だったとしましょう。

その話の腰を負ったら、「話を聞いてくれない」と、別の問題が持ち上がってきます。

相手も話すことで気持ちを整理できるので、一旦は、話を聞くことが大切です。

自分の非は素直に謝る

自分が悪いと感じた部分は、反論せずに認めた方が良いです。

色々と言い逃れをしようとすると、相手は追及したり呆れたり、良い反応は期待できません。

逆に先手を打って謝ってしまえば、相手は無碍な反応はしにくくなります。

一般的には、相手が反省している時に許してあげないと、自分が心の狭い人間だと感じるからです。

また、間違いを受け止める姿勢は真摯に見えます。

それだけ、二人の仲を真剣に考えているとアピールできるでしょう。

原因を解決できる方法を提案する

じっくり話し合って原因が明確になったら、解決方法を提案します。

これは、良い変化をアピールできるのがメリットです。

相手が別れを考えている場合、こちらに悪い印象を感じたままになっています。

そこで新しいイメージを与えて、悪い印象を払拭するわけです。

もちろん、相手の考えを変えるのにも役立ちます。

迷っていたり、別れる決心が固くなかったりするなら、「もう少し付き合い続けてみよう」と考え直す見込みがあります。

プロに頼ってみる

別れを回避するなら、プロに相談するの一手です。

自力で改善するのは、難しいためです。

正しく原因を把握して、解決策を練るには、客観的に考える必要があるでしょう。

しかし、恋人への思いや自分の感情から、どこかで冷静さを欠いてしまうことが多いです。

また、話し合う機会が減るので、相手のことが全然わからなくなるのも珍しくありません。

経験豊富で客観的に対応してくれるプロが頼りになります。

悩み相談アプリおすすめ10選!誰かに聞いてほしいときに役立つ

悩み相談アプリおすすめ10選!誰かに聞いてほしいときに役立つ

続きを見る

別れたくない彼氏・彼女の説得の成功例を紹介!まとめ

別れの原因や対処方法などを紹介してきました。

心当たりがある方にとって、参考になれば幸いです。

自力で対処する方法も紹介しましたが、どの方法をどうやって使うかは、判断が難しい面があります。

特別な思いがある相手でしたら、距離が広がる前にプロに相談するのもおすすめできます。

今後の恋愛に関しても、いいアドバイスが貰えるかもしれません。

  • この記事を書いた人
望月 星乃

望月 星乃

占いセレクト編集部マネージャーです。 子供の頃から占いに興味があり自らタロットで占ったり、失恋のたびに周りで当たると噂になっている占い師の所へ行って占ってもらったり、30年以上占いに関わってきました。 当サイトでは占い好きのスタッフが集まり日々調査を行い、電話占いや全国の占い師についての情報を発信しています。

-相談・悩み