【クレジットカード】Tカードプラス(SMBCモビットnext)とは?モビットカードとの違いも解説

Tカードプラス(SMBCモビットnext)ってどんなカード?

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査は厳しい?

モビットカードやクレジットカードとの違いは?

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットカード・クレジットカード・Tカードの3つの使い方ができる一体型のカードです。年会費も無料なので、万が一の急な出費に備えて持っておきたいカードの1つです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードレスにも対応しており、クレジット決済やキャッシングなどがスマートフォンで簡単に利用できます。また、確認や管理もアプリで簡単にできるので安心して利用できる点が人気の理由です。

この記事では、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の特徴やメリット・デメリットなどを詳しく解説します。是非参考にしてください。

目次

Tカードプラス(SMBCモビットnext)とは?

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は一枚でモビットカード・クレジットカード・Tカードとして使える一体型のカードです。

年会費は無料で、クレジットカードとして付帯保険やポイントの付与もあります。万が一の際はモビットカードとしてキャッシングにも利用できる便利でお得なカードです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の特徴を5つを解説します。

  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の基本スペック
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードレスにも対応
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の付帯保険
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の年会費
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の利用可能枠

以下でそれぞれ確認していきましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の基本スペック

Tカードプラス(SMBCモビットnext)にはクレジットカードとモビットカードの2つの機能があり、それぞれ申込みが必要です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)とモビットカードは申し込み対象など、異なる点があることに注意しましょう。

Tカードプラスのクレジットカードとしての基本スペックは以下の通りです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)
お申し込み対象満20歳以上のモビットカード会員の方
年会費永年無料
国際ブランドMastercard®
ポイント還元率0.5%~
お買物安心保険(動産総合保険)年間100万円まで

Tカードプラス(SMBCモビットnext)公式

モビットカードの基本情報は以下の通りです。

モビットカード
申込資格年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(モビット基準を満たす方)アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
申込に必要な書類運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)
実質年率3.0%〜18.0%
利用限度額800万円
担保・保証人不要
入会金・年会費無料

Tカードプラス(SMBCモビットnext)公式

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードレスにも対応

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードレスにも対応しており、クレジット決済だけではなく、キャッシングや返済もスマートフォンのアプリから簡単にできます。

カードレスのキャッシングなら、専用のアプリからすぐに借り入れできるのでプラスチックカードを持ち歩く必要がありません。そのため、キャッシングを周囲に隠しやすく、手軽に利用できます。

また専用のアプリではキャッシングの手続きだけではなく、確認や管理もできるので安心です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の付帯保険

Tカードプラス(SMBCモビットnext)には、年間100万円までのお買物安心保険(動産総合保険)が自動付帯されています。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のクレジット決済で購入した商品の破損や盗難の損害が補償されます。補償期間は購入日の翌日から200日間です。

ただし、海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみが対象です。また、一部補償の対象とならない商品・損害がある点に注意しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の年会費

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は年会費が永年無料です。申し込み時の発行手数料もかかりません。

クレジットカードの中には持っているだけで年会費がかかるカードもありますが、Tカードプラス(SMBCモビットnext)なら維持費がかからないので気軽に利用できます。

クレジット決済やカードローンを利用しなくても、Tカードとしても利用できるので、急ぎで現金が必要になった時に備えてTカードプラス(SMBCモビットnext)を持っていると安心です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の利用可能枠

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の利用可能枠は決済方法などによって異なります。

利用可能枠はそれぞれ以下の通りです。

利用可能枠金額
クレジットカード機能の総利用枠10~80万円
カード利用枠(カードショッピング)10~80万円
リボ払い・分割払い利用枠0~80万円
カードローン機能の利用限度額800万円

利用可能枠はカード申し込み者の収入などによって異なり、クレジットカード機能の利用可能枠は三井住友が、カードローンの利用限度額はモビットがそれぞれ審査の上で設定します。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の機能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットカード・クレジットカード・Tカードの3つの使い方ができる一体型のカードです。

その他にも電子マネーやETCカードとしても利用できます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)で利用できる以下5つの機能を、それぞれ詳しく紹介します。

  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)のクレジットカード機能
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードローン機能
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)のTポイント
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の電子マネー
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)のETCカード

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のクレジットカード機能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はクレジットカードとして、ショッピングや公共料金の支払いなどに利用できます。

総利用枠はカード所有者の所得などによって異なり、10〜80万円です。

一般的なクレジットカードと同じく、クレジット決済の利用ごとにポイントが付与され、付帯保険もついています。

支払い方法は1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・リボ払い・分割払いから選択可能です。

カードレス決済にも対応しておりApplePay、GooglePayでの支払いもできます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードローン機能

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードローンの借り入れができます。また、カードローンの返済でTポイントが貯まる点も特徴のひとつです。

スマートフォンから借り入れや返済の申し込み、返済状況の確認などが簡単にできるので手軽に安心して利用できます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードローンは審査完了まで最短で30分、即日の融資も可能です。

また、一般的にカードローンはクレジットカードのキャッシングよりも金利が低い傾向にあります。万が一の急な出費に備えて、1枚あると良いでしょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のTポイント

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はTカードとしても利用できます。

クレジットカード決済の利用時に200円につきTポイント1ポイント。また、Tポイント提携先の店頭にてカード提示でポイントが付与され、Tポイント提携先などさまざまな方法で利用可能です。ただし、カードの提示で付与されるポイントは店舗によって異なります。

また、モビットカードローンの返済でもTポイントが貯まるのでお得です。ただし、延滞中の返済にはポイントが付与されないので注意しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の電子マネー

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は電子マネーと併用することで、さらにお得で便利に利用できます。

利用できる電子マネーは以下の通りです。

  • 三井住友カードiD
  • ApplePay
  • GooglePay™
  • 三井住友カードWAON
  • PiTaPaカード
  • Tマネー

Tマネーにチャージして決済すると0.2%のポイントが付与されるなど、電子マネーの併用でTカードプラス(SMBCモビットnext)がもっとお得に利用できます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のETCカード

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は発行手数料無料、年会費初年度無料でETCカードを利用できます。

ただし、入会の翌年度以降、前年度にETCカードの利用がなかった場合は年会費550円(税込)がかかるので注意が必要です。

前年度に1度でもETCカードの利用があれば、年会費は無料なのでETCカードを利用する機会の多い人は実質無料でETCカードを利用できます。

また、ETCカードは発行手数料がかかることも多いので、Tカードプラス(SMBCモビットnext)がお得です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査と発行

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の発行にはモビットのカードローンの申し込みと三井住友のクレジットカードの申し込み、両方が必要です。また、審査はそれぞれ異なります。

以下のTカードプラス(SMBCモビットnext)の審査と発行までの流れを開設します。

  • モビットのカードローン審査
  • 三井住友のクレジットカード審査
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)申し込み条件
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)申し込み方法
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査時間

それぞれ詳しく確認していきましょう。

モビットのカードローン審査

モビットのカードローンは満20歳〜74歳で安定した定期収入があることが申し込み資格なので、審査は比較的甘い可能性があると推測されています。

アルバイト・派遣社員・パート・自営業の人も利用できると公式ホームページで明言されており、収入の少ない主婦や学生も利用可能です。そのため、他社カードローンよりも融資に積極的であるとも推測されています。

ただし、定期収入があることが条件なので、専業主婦や無職、休職中など全く収入がない場合は申し込みできないので注意しましょう。

また、モビットのWeb完結申込なら審査は最短30分で完了し、電話連絡なし・郵送物なしで審査を完了することも可能です。

三井住友のクレジットカード審査

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のクレジットカードは、満20歳以上でモビットカード会員の方が申し込み対象です。

三井住友カード株式会社独自の審査はありますが、他のクレジットカードの審査に落ちた人や、他社からの借り入れがある人でも審査に通る可能性があります。

そのため、Tカードプラス(SMBCモビットnext)のクレジットカード審査は比較的甘いと推測されています。

ただし、貸金業法によって貸金業者から借り入れできる金額は年収の3分の1以下と決まっているため、他社からの借り入れが年収の3分の1以上ある場合は審査に通ることは難しいでしょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)申し込み条件

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申し込みは、モビットカードの会員であることが条件とされています。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)とモビットカードの申し込み条件はそれぞれ以下の通りです。

モビットのカードローン年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(モビットの基準を満たす方)アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
Tカードプラス(SMBCモビットnext)満20歳以上のモビットカード会員の方

それぞれ同業他社と比較して条件は甘いとされているので、審査に通るか不安な方にもおすすめです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)申し込み方法

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申し込みは基本的に以下の流れで行います。

STEP
モビットカードの申し込み
STEP
必要事項の入力
STEP
本人確認書類、収入証明書の提出
STEP
審査完了後会員サイト「Myモビ」にアクセス
STEP
会員サイト「Myモビ」からクレジットカードの申し込み
STEP
必要事項の入力
STEP
審査完了後Tカードプラス(SMBCモビットnext)発行

本人確認書類として以下のいずれかの提出が必要です。

  • 運転免許証(住所変更がある場合は両面)
  • 健康保険証(カード型保険証の場合は両面)
  • パスポート(顔写真および住所ページ)

収入証明書として以下のいずれかの提出が必要です。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 直近2ヶ月分給与明細書

Tカードプラス(SMBCモビットnext)公式サイト

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査時間

モビットカードローンの審査時間は最短30分で完了します。

Web完結での申し込みなら、店舗に行く必要もなく書類や電話、郵送物もないので短時間での申し込みが可能です。ただし、審査の状況によっては電話での確認があるので、ご注意ください。

モビットカードローンの審査完了後、Tカードプラス(SMBCモビットnext)に申し込みます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は即日発行に対応していないので、最短で4営業日の発行です。

もし、2週間以降も自宅にカードが届かない場合は、三井住友カードFORYOUデスクへ問合せましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査に落ちる原因と対策

比較的甘いとされるTカードプラス(SMBCモビットnext)の審査にも落ちる可能性はあります。

審査にの基準などは公表されていませんが、一般的なポイントは確認しておきましょう、

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査に落ちる原因と対策について以下4つのポイントを解説します。

  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査難易度
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査に通るコツ
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査落ちの原因
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査に落ちた場合の対策

クレジットカードの審査に落ちたことのある方や審査に不安のある方は、ぜひ参考にしてください。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査難易度

カードローン、クレジットカードどちらも審査基準は公表されていませんが、主に以下のような項目から返済能力があるか確認されます。

  • 年齢
  • 家族構成
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 他社の借り入れ・返済状況
  • クレジットヒストリー

収入がなかったり、他社からの借り入れが年収の1/3以上だったりする場合は返済能力がないと判断され審査に落ちる可能性が高いです。

ただし、アコムは主婦や学生、高齢者も対象としています。つまり、年収が低かったり、勤続年数が短かったりしても審査に通る可能性もあるということです。

また、Tカードプラス(SMBCモビットnext)は消費者金融系のクレジットカードなので、クレジットヒストリーよりも、年収や他社からの借り入れ・返済状況を重視して審査すると推測されています。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査に通るコツ

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査に通るコツには以下のようなものがあります。

  • 収入がある状態にする
  • キャッシングを申し込まない
  • 同時または短期間にクレジットカードを複数回申し込まない
  • 虚偽または誤った内容で申し込まない

安定した収入があることが申し込みの条件です。アルバイトやパートでも審査に通る可能性はあります。

クレジットカードの申し込みはクレジットヒストリーに記録されるため、期間を開けて申し込みましょう。同時または短期間での申し込みは、不正利用や特典目的を疑われます。

虚偽または誤った内容での申し込みは、必ずバレるのでやめましょう。万が一、虚偽の内容での申し込みで審査に通ってしまった場合、後から虚偽申告がバレると強制解約になり、その後クレジットカードを作ることが難しくなります。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査落ちの原因

クレジットカードやカードローンの審査に落ちる原因は、融資した金銭が返済されない可能性が高いと判断されることにあります。

  • クレジットヒストリーに瑕疵がある(ブラックリストに載っている)
  • 安定した収入がない
  • 多額の借入がある
  • 収入を大きく超えたキャッシング枠を希望する

安定した収入は申し込み条件の1つです。勤続年数や雇用形態が審査に落ちる原因になることもありますが、収入がない状態よりは可能性があります。

返済の滞納を繰り返す、支払いの遅延を繰り返すなど、クレジットヒストリーに瑕疵がある(ブラックリストに載っている)と返済能力がないと判断されます。

また、収入と希望する借り入れ金額が見合っていない場合も、審査に通る可能性は低いです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の審査に落ちた場合の対策

万が一、審査に落ちた場合は以下の点に注意し慎重に判断しましょう。

  • 他社からの借入を返済する
  • 瑕疵のないクレジットヒストリーを積む
  • 不要なクレジットカードを解約する
  • 期間を空けて申し込む

貸金業法の総量規制によって、貸金業者から借り入れできる金額は年収の3分の1以下と定められています。借り入れが多い場合は審査に通ることは難しいでしょう。

遅延や延滞などのクレジットヒストリーが原因で審査に落ちた場合は、支払いや返済を滞りなく行い、瑕疵のないクレジットヒストリーを積みましょう。

また、クレジットカードの申し込みはクレジットヒストリーに記録されます。再度クレジットカードに申し込む場合は6ヶ月以上空けて、他社のクレジットカードに申し込みましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)に関する違い

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットカード・クレジットカード・Tカードの3つの使い方ができる一体型のカードです。以下のカードの違いについて解説します。

  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)とSMBCモビットカードの違い
  • モビットカードとクレジットカードの違い

クレジットカードとモビットカードは全くの別物なので、それぞれ詳しく確認しておきましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)とSMBCモビットカードの違い

Tカードプラス(SMBCモビットnext)とモビットカードの違いは主に以下のようなものがあります。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)SMBCモビットカード
申込条件満20歳以上のモビットカード会員の方年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(モビットの基準を満たす方)アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
カードローン
クレジットカード不可
ポイント還元率0.5%~0.9%0.5%
即日発行不可
お買物安心保険(動産総合保険)年間100万円までなし

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はSMBCモビットカードよりもお得で便利です。

モビットカードとクレジットカードの違い

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットカード・クレジットカード・Tカードの3つの使い方ができますが、一般的なクレジットカードにはカードローン機能がありません。

カードローンはクレジットカードでのキャッシングと比較して、低めに設定されている傾向にあります。

また、借入限度額もカードローンはクレジットカードでのキャッシングよりも多く借りられる場合が多いです。

借り入れを考慮している場合は、モビットカードもしくはTカードプラス(SMBCモビットnext)で利用する方がお得に利用できる可能性があります。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の支払い

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の支払いはクレジット決済とカードローンの返済で異なる点があります。

以下4点の支払いについて解説します。

  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)のキャッシング
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)のキャッシングの返済方法
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)を一括払いに変更する方法
  • Tカードプラス(SMBCモビットnext)リボ払いとキャッシングの金利・利息

利用の前に必ず確認しておきましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のキャッシング

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は、モビットのカードローン機能でのキャッシングができます。

借り入れ方法は以下の3つです。

  • 銀行・コンビニなどの提携ATMから借り入れる
  • スマホアプリ「Myモビ」で銀行振込(振込キャッシング)で借り入れる
  • スマホアプリ「スマホATM」からカードレスで借り入れる

全国に約12万台ある提携ATMから24時間いつでも借り入れできます。さらに、三井住友銀行のATMなら手数料が無料です。主な提携ATMは以下のものがあります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • プロミス
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

スマホアプリから簡単に借り入れることもできます。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のキャッシングの返済方法

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のキャッシングの返済方法には以下のものがあります。

  • 提携ATM

銀行・コンビニなどに設置してある提携ATMから返済する。

  • 口座振替

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座から口座振替で返済する。

  • 銀行振込

「Myモビ」で指定した銀行口座への振込みで返済する。

  • インターネット返済

「Myモビ」内のインターネット返済サービスから返済する。

  • ポイント返済

「Myモビ」内のTポイントサービスからTポイントで返済する。

  • スマホATM

アプリ「スマホATM」から、セブン銀行、ローソン銀行でカードレスで返済する。

返済の遅延があると金利が上がったり、クレジットヒストリーに瑕疵がついたりするので忘れないように注意しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)リボ払いとキャッシングの金利・利息

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のリボ払いは15%の金利手数料(リボ払い手数料)がかかります。

初期設定がリボ払いになっているので、カードが手元に届いた時点で必ず変更しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードローン金利は年3.0〜18.0%で、実際に支払う利息は日割り計算なので安心です。

初めての利用かつ、100万円未満の借り入れの場合は、金利が最大の18.0%になることが多いです。ただし、遅延なく返済し続けていると金利の引き下げの可能性もあります。

また、返済が遅延すると利率が実質年率20.00%になるので注意しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のメリット

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のメリットは主に以下の6つです。

  • カード1枚で3つの機能がある
  • キャッシングの返済でもTポイントが貯まる
  • カードなしで利用できる
  • 返済方法・返済日が複数から選べる
  • セキュリティが高い
  • カードローンがバレにくい

それぞれ詳しく確認していきましょう。

メリット1:カード1枚で3つの機能がある

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は1枚のカードでモビットカード・クレジットカード・Tカードの3つの使い方ができる点がメリットの1つです。

その他にもETCカードや電子マネーとしての機能の追加もできます。

カード1枚で全ての機能が利用できるため財布はすっきりし、利用したい時に限って持っていなかったといったトラブルも減って便利です。

メリット2:キャッシングの返済でもTポイントが貯まる

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はクレジットカード決済だけでなくキャッシングの返済でもTポイントが貯まります。

ポイントの還元率は200円で1ポイントの0.5%です。Tポイント加盟店でTカードとして提示したり、電子マネーにチャージして使ったりすると、さらにポイントが還元されます。

また、貯まったTポイントはカードローンの返済にも利用できてお得です。

メリット3:カードなしで利用できる

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードレスに対応しているので、機能のほとんどがスマートフォンのアプリから簡単に利用できます。

  • クレジット決済
  • カードローンの借り入れ
  • カードローンの返済
  • Webマネーのチャージ・利用
  • カード利用状況の確認
  • 支払いや返済方法の変更・確認

スマートフォン1つで気軽に外出やショッピングができるので便利です。

ただし、スマホ決済に対応していない場合やスマートフォンの充電切れに注意しましょう。

メリット4:返済方法・返済日が複数から選べる

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は返済方法と返済日が複数から選べる点がメリットの1つです。

選べる返済方法はは以下の通りです。

  • 口座振替
  • ATM返済
  • 振込返済
  • インターネット返済
  • ポイント返済

返済日も5日・15日・25日・末日から選択できます。

給料日などの都合に合わせて、最適な返済方法と返済日を選びましょう。

メリット5:セキュリティが高い

セキュリティが高い点もメリットの一つです。

不正利用探知システムで24時間365日、常にモニタリングされているため安心して利用できます。もしも、トラブルに巻き込まれた場合でも、専用デスクのサポートがあるので安心です。

「ネットショッピング認証サービス」や、60秒ごとに新しいパスワードを表示する「OneTimePass」など。インターネットショッピングを安心して利用するためのセキュリティ機能も充実しています。

メリット6:カードローンがバレにくい

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はカードローンの利用が周りにバレにくい点がメリットの一つです。

モビットカードをWeb完結で申し込むと、モビットの店舗に行く必要がなく、郵送物もありません。届くのはTカードプラス(SMBCモビットnext)のカードのみなので安心して利用できます。

また、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の見た目は一般的なクレジットカードなので、カードローン用のカードだと気付かれる可能性も低いです。

ただし、審査状況によっては電話での確認があるため注意しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のデメリット

Tカードプラス(SMBCモビットnext)には以下の4つのようなデメリットがあります。

  • 基本のポイント還元率は平均的
  • 即時発行はできない
  • クレジットカードの初期設定がリボ払い
  • それぞれ支払い日が異なる

申し込む前にデメリットは必ず確認しておきましょう。

デメリット1:基本のポイント還元率は平均的

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は基本のポイント還元率が平均的である点がデメリットの一つです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のポイント還元率はクレジット決済、カードローンの返済どちらも200円で1ポイント還元の0.5%。

通常還元率が1%のクレジットカードも少なくないので、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の還元率は高いとは言えません。

ただし、Tポイントの加盟店でTカードとして利用したり、電子マネーと併用することで還元率を上げることもできます。

デメリット2:即時発行はできない

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は即時発行に対応していない点がデメリットの一つです。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の発行にかかる期間は最短で4日。モビットカードを持っていない場合は、モビットカードの発行にも時間がかかります。

土日祝日など対応していない日を挟むと、発行までに1週間近くかかってしまう可能性もあるため、急ぎでクレジットカードが必要な場合は注意しましょう。

デメリット3:クレジットカードの初期設定がリボ払い

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はクレジット決済の支払いの初期設定がリボ払いになっている点がデメリットの1つです。

クレジット決済の支払いをリボ払いにすると15.00%の余分な金利が発生します。

理由があってリボ払いを希望する人以外は、カードの発行後すぐに支払い方法を一括払いに変更しましょう。

支払い方法はスマートフォンのアプリからすぐに変更できます。

デメリット4:それぞれ支払い日が異なる

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はクレジットカードの支払日とカードローンの返済日が異なる点がデメリットの一つです。

クレジットカード支払日カードローン返済日
15日締め10日払い指定日より選択毎月5日、15日、25日、末日

ATM返済や振込返済など、手動で返済する場合は支払日を忘れたり、間違ったりしないよう気をつけましょう。

返済の遅延はクレジットヒストリーの瑕疵になります。不安な方はクレジットカード支払日前後どちらかの覚えやすい日に口座振替(自動引き落とし)で設定しましょう。

よくある質問

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の公式アカウントにログインできないときは?

T1003もしくはT2003が表示されるエラーは通信環境に関するトラブルです。通信環境を整えて再度ログインすると利用できる可能性が高いです。

上記に当てはまらない場合は、アプリを一度削除(アンインストール)し、インストールし直すことで解決する場合があります。

上記2つで解決しない場合は直接問い合わせましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の問い合わせ先は?

三井住友カードFORYOUデスク0570-004-980(9:00~17:00)

モビットコールセンター0120-24-7217(9:00~18:00)

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の年会費は?

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の年会費は永年無料です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)はいつ届く?

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は最短4営業日で発行されます。

2週間以降も自宅にカードが届かない場合は、三井住友カードFORYOUデスクへ問合せましょう。

まとめ

モビットカード・クレジットカード・Tカードの3つの使い方ができるTカードプラス(SMBCモビットnext)は、年会費は永年無料で、クレジット決済やカードローンの返済でポイントを貯められるお得で便利なカードです。

カードローンでのキャッシングはクレジットカードのキャッシングよりも金利が低く設定されていることが多いので、万が一の急な出費に備えられるTカードプラス(SMBCモビットnext)をおすすめします。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)

目次