プロミスVisaカードは使えないクレジットカード?口コミやデメリットを解説

プロミスVisaカードのデメリットって何?

プロミスVisaカードの審査は厳しいの?

プロミスVisaカードの口コミを知りたい!

この記事は、そんな疑問や思いを解決する記事です。

プロミスVisaカードの基本情報やデメリット、メリットを解説します。

また、X(Twitter)からプロミスVisaカードの最新の口コミや、このカードがどのような人におすすめできるかをお伝えします。

この記事を読むことで、プロミスVisaカードの詳細が分かり、皆さんに適したクレジットカードであるか判断できるでしょう。

目次

プロミスVisaカードはカードローン機能付きの三井住友カード(NL)

プロミスVisaカードは、プロミスのカードローンと三井住友カード(NL)を組み合わせたカードです。

まずはプロミスVisaカードのカードローンについて確認します。

 プロミスVisaカード
融資額500万円まで
借入利率(実質年率)4.5%~17.8% ※新規契約者が対象
遅延利率(実質年率)20.0%
返済方法残高スライド元利定額返済方式
返済期日5日・15日・25日・末日から選択
返済回数1~80回
返済期間最長6年9か月
担保・保証人不要

プロミスVISA公式サイト

プロミスVisaカードのカードローンの融資目的は、生活費に限定されています。ただし、個人事業主であれば、事業費のための借り入れが可能です。

ローンの返済期日は「5日・15日・25日・末日」の4つから選択でき、返済回数は80回以下です。返済日は給料日に合わせると返済しやすいでしょう。

また返済回数は、毎月の返済額が辛くならないように設定すると良いです。

では次に、プロミスVisaカードのクレジットカード情報を確認します。

 プロミスVisaカード
基本還元率0.5%
年会費(本会員)無料
家族カード発行しない
ETCカード無料
国際ブランドVisaのみ
貯まるポイントVポイント
申込対象(本会員)満18歳以上のプロミス会員の方(高校生は除く)
付帯保険海外旅行傷害保険最高2,000万円または選べる無料保険

プロミスVisaカードのクレジットカード機能は、三井住友カード(NL)と類似する点が多いです。

三井住友カード(NL)と同様なのは、基本還元率や年会費、Vポイントが貯まること、申込対象者が満18歳以上であること、海外旅行傷害保険が付帯することなどです。

一方で、三井住友カード(NL)は「家族カードが作れる」「国際ブランドはvisaとMastercardから選べる」ため、プロミスVisaカードと完全一致のカードではありません。

プロミスVisaカードのデメリット3選

プロミスVisaカードのデメリットは、以下のとおりです。

  • カードローンとクレジットカードの返済日が異なる
  • 国内旅行傷害保険が付帯しない
  • 家族カードが発行できない

順に解説します。

カードローンとクレジットカードの返済日が異なる

プロミスVisaカードは、カードローンとクレジットカードの返済日が異なります。

  • カードローンの返済日…5日・15日・25日・末日から選択
  • クレジットカードの返済日…15日締め翌月10日払い、月末締め翌月26日払いから選択

カードローンとクレジットカードの返済日をなるべく合わせたい場合は、カードローンは25日、クレジットカードは26日を返済日にすると良いでしょう。

こうすることで、連続する2日間でそれぞれの返済ができます。そして、銀行口座の残高チェックなどを毎月25日までに済ませておけば、不落になりづらいので安心です。

国内旅行傷害保険が付帯しない

プロミスVisaカードは、国内旅行傷害保険が付帯しません。

国内旅行の事故やケガが気になる場合は、民間保険に加入することをおすすめします。

例えば、東京海上日動の国内旅行保険であれば、4日(3泊4日)の保険が1,500円から2,250円で選べます。

この保険であれば、死亡や後遺障害、入院、通院などの補償が受けられるので、気になる人はこちらから確認してください。

国内旅行を頻繁に行う人保険に加入するのが面倒な人は、クレジットカードに国内旅行傷害保険が付帯されているものを選びましょう。

ただし、年会費無料のクレジットカードは、国内旅行傷害保険が付帯していないことが多いです。また年会費がかかるクレジットカードであっても、保険の補償内容や適用条件などを確認してから申し込むようにしてください。

家族カードが発行できない

プロミスVisaカードは、家族カードを発行できません。

家族カードは、配偶者や家族に同様のカードを渡して、その利用分も合わせて口座から引き落とせるメリットがあります。また、配偶者や家族はカード発行の審査対象にならないため、収入の少ない人でもクレジットカードを持てます。

家族カードが必須の人は、三井住友カード(NL)であれば家族カードが発行できるのでおすすめです。

プロミスVisaカードのメリット7選

プロミスVisaカードのメリットは、以下のとおりです。

  • ココイコ!やポイントUPモールで高還元になる
  • 最大7%のポイント還元|スマホのタッチ決済
  • Vポイントは実店舗やネットショッピングに使える
  • カードデザインからローン利用者と気づかれにくい
  • カード番号を他人に見られないナンバーレスカード
  • 無料の付帯保険を自由に選べる
  • カードローンの返済もVポイントが貯まる

順に解説します。

ココイコ!やポイントUPモールで高還元になる

プロミスVisaカードは、ココイコ!ポイントUPモールで高還元になります。これらのサービスは、三井住友カードの利用者が無料で利用でき、プロミスVisaカードも対象カードです。

ココイコ!は事前にエントリーしてから、実店舗で買い物すると通常以上のポイントがもらえます。

ココイコ!の対象ショップはこちらで確認してください。

常時100店舗以上の対象ショップがあり、身近なお店でポイントバックを受けられます。

ポイントUPモールは楽天市場Yahoo!ショッピングなど、誰もが利用するネットショッピングで利用できます。

ポイントUPモールのショップカテゴリは、豊富です。

  • 総合通販・百貨店…総合通販、テレビ通販、百貨店、スーパー・ドラッグストア
  • ふるさと納税…ふるさと納税、ふるさと納税ガイド
  • ファッション…レディース、メンズ、キッズ・マタニティー、バッグ・財布、アクセサリー・腕時計
  • 暮らしと生活…インテリア・家具、生活用品・キッチン、雑貨、ペット用品、日用品
  • 美容・健康…コスメ、ボディ&ヘアケア、健康食品・サプリ、健康グッズ
  • 家電・パソコン…家電・量販店、パソコン・携帯、周辺機器・ソフト、プロバイダ・データ通信
  • グルメ・ギフト…デリバリー、食品・おとりよせ、スイーツ、お酒・飲料、ギフト・フラワー
  • 趣味・おもちゃ・ゲーム…おもちゃ・ゲーム、スポーツ、アウトドア
  • 旅行・チケット…旅行・宿泊、旅行用品、交通・レンタカー、チケット
  • 本・CD・DVD…総合ショップ、専門店、ネットレンタル
  • クーポン・ウェブサービス…クーポン、その他ウェブサービス

ポイントUPモールの対象店舗一覧は、こちらで確認してください。

ネットショッピングをするなら、対象店舗を確認してポイント還元率をアップさせましょう。

最大7%のポイント還元|スマホのタッチ決済

プロミスVisaカードはスマホのタッチ決済を使うと、対象店舗で7%還元になります。

対象店舗はセブンイレブンやローソン、マクドナルド、スターバックスなどのコンビニや飲食店です。

利用額200円(税込)につき7%還元なので、10,000円(税込)の買い物をすると700円相当のポイントが還元されます。

利用頻度の多い対象店舗があれば、ぜひプロミスVisaカードを使ってください。

7%のポイント還元の対象店舗一覧は、こちらで確認してください。

現物のクレジットカードを使って支払ったり、iDや磁気取引を利用したりすると7%還元になりません。

Vポイントは実店舗やネットショッピングに使える

プロミスVisaカードの利用で貯まるVポイントは、1ポイント1円で実店舗やネットショッピングの支払いに使えます。

Vポイントアプリをダウンロードして、カード番号をApplePayやGooglePayに登録します。

実店舗ならVisaのタッチ決済やiDが使えるお店。ネットショッピングなら、Visa加盟店で利用できます。

貯めたポイントの使いやすいプロミスVisaカードなら、ポイントを失効させずに使い切れます。

カードデザインからローン利用者と気づかれにくい

プロミスVisaカードは、紺色のカードです。黒色や青色などのクレジットカードは他社にもあるので、ひと目でカードローン付帯のプロミスカードだとは分かりません。

そのため普段の買い物でも周りの目を気にすることなく、カードを利用できます。

またスマホのタッチ決済を利用すれば、現物カードを出さずに買い物が完結します。

プロミスVisaカードを使って、見た目を気にせずに楽しく買い物をしましょう。

カード番号を他人に見られないナンバーレスカード

プロミスVisaカードは、カード番号を他人に見られないナンバーレスカードです。

カード番号やセキュリティコードの確認は、Vpassアプリで行います。

ナンバーレスカードは盗難や紛失時に、カード番号などの個人情報が流出せずに済みます。

プロミスVisaカードは、セキュリティ面でも安心して持てるクレジットカードです。

無料の付帯保険を自由に選べる

プロミスVisaカードは、三井住友カードと同様に選べる無料保険があります。

海外旅行傷害保険を使わない人は、別な保険に切替えると良いでしょう。

選べる無料保険を一覧表にまとめました。

スクロールできます
保険名補償内容
海外旅行傷害保険傷害死亡・後遺障害…2,000万円
傷害・疾病治療費用…50万円
賠償責任…2,000万円
携行品損害…15万円(免責3,000円)
救援者費用…100万円
ゴルフ安心プラン
(ゴルファー保険)
ゴルファー賠償責任補償…20万円
ゴルフ用品補償…3万円
弁護士安心プラン
(弁護士保険)
傷害後遺障害等級第1~7級限定補償…5万円
弁護士費用等…5万円
法律相談費用…10万円
スマホ安心プラン
(動産総合保険)
画面割れにより修理した場合…3万円(免責1万円)(※1)
日常生活安心プラン
(個人賠償責任保険)
個人賠償責任危険補償…20万円
傷害後遺障害等級第1~7級限定補償…5万円  
ケガ安心プラン
(入院保険(交通事故限定))
傷害入院補償…1,000円/日(※2)
傷害入院一時金補償…1万円(※3)
持ち物安心プラン
(携行品損害保険)
携行品損害補償…3万円(免責3,000円)
傷害後遺障害等級第1~7級限定補償…5万円
  • ※1 事故発生時点において、当該カードで対象スマートフォンの直近2ヵ月以上の通信料を決済していることが補償適用条件
  • ※2 交通事故限定、支払限度日数:60日、免責0日
  • ※3 交通事故限定、免責0日

すでに持っているクレジットカードと補償内容が被る場合や民間保険でカバーしていない場合などに、皆さんに合った保険を選んで備えましょう。

カードローンの返済もVポイントが貯まる

プロミスVisaカードは、カードローンの返済額に対してもVポイントが貯まります。

基本還元率0.5%と同様で、200円につき1ポイント貯まります。

Vポイントは買い物に使ったり、カード利用額に充当したり、他社ポイントに交換したりできます。

Vポイントは、Tポイントと等価交換できるようになり、使いやすくなりました。ぜひポイントを有効活用してください。

プロミスVisaカードの口コミ

プロミスVisaカードの最新の口コミをX(Twitter)から紹介します。

プロミスVisaカードをおすすめしたい人2選

プロミスVisaカードをおすすめしたい人は、以下のとおりです。

  • 優待を使ったり、ポイントを貯めたりしたい人
  • 急な出費にカードローンを使いたい人

それぞれ解説します。

優待を使ったり、ポイントを貯めたりしたい人

プロミスVisaカードは、三井住友カード(NL)と同等のクレジットカードです。

Vポイントが貯まり、三井住友カードの優待を活用できます。

ココイコ!では、ビックカメラ紀伊国屋書店などのポイント還元率がアップします。

またポイントUPモールも豊富なカテゴリーからショップを選んで高還元を受けたり、クーポンを利用して割引価格で商品を購入できたりします。

プロミスVisaカードでココイコ!やポイントUPモールなどのお得なサービスを使いましょう。

急な出費にカードローンを使いたい人

プロミスVisaカードは、プロミスのカードローン機能が付帯しています。

そのため、急な出費で借入をしたい人に使いやすいカードです。

借入方法は以下の5つから選べます。

  • インターネット振込
  • スマホATM
  • コンビニ・提携ATM
  • プロミスATM
  • プロミスコール(電話)

都合の良い方法で借入ができるので、プロミスVisaカードを持っておくと突然の出費にも安心です。

プロミスVisaカードの審査について

プロミスVisaカードの審査について「審査前に知っておくべきこと」と「カードの審査基準」をそれぞれ解説します。

プロミスVisaカードの審査前に知っておくべきこと

プロミスVisaカードの審査前に知っておくべきことは以下の3点です。

  • 365日24時間いつでも申し込める
  • 審査に時間がかかるため、即日発行できない
  • 原則、勤務先に電話することはない

プロミスVisaカードはいつでも申し込めるものの、カードローンとクレジットカードの2つの審査が行われるので、審査結果が出るまで時間がかかります。公式ホームページでは発行まで2~3週間かかるとされているため、カードを早急に作りたい人は注意が必要です。

また、審査に伴う勤務先への連絡は原則なしとされていますが、申請者に同意を取った上で勤務先に連絡する場合があります。

これらの注意点は事前に把握してから、申し込みましょう。

プロミスVisaカードの審査基準

プロミスVisaカードの審査は独自基準で行われます。ただし、具体的な審査内容は公表されていません。

公式ホームページで分かることは「18~74歳の本人に安定した収入のある方」ということです。

また、主婦や学生でもアルバイトやパートなど安定した収入のある場合は申し込めます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)や収入が年金のみの方は申し込めません。

これらの条件を見る限り、一般的なクレジットカードと同様の審査が行われ、上級カードのような厳しい審査は行われないと推測できます。

そして、カード会社は申請者の個人情報信用情報を確認します。

個人情報とは、職業や勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、住居の状況、家族構成です。

信用情報は、クレジットカードの利用状況やローンの申し込みなど、支払い状況に関する情報です。

カード会社は個人情報や信用情報から「継続した収入の有無」「返済能力」「過去の返済履歴」を確認します。

これらの審査基準を満たした場合に、プロミスVisaカードは発行されます。

プロミスVisaカードの申込方法

プロミスVisaカードは、Webまたはプロミスアプリから申し込めます。

申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. プロミスの借入契約
  2. プロミスVisaカードの申込内容の入力
  3. プロミスVisaカードの入会審査や発行
  4. 自宅にカードが届く

プロミスVisaカードは優待を使えるクレジットカード

プロミスVisaカードは、三井住友カードと同等の優待が利用できるクレジットカードです。

ココイコ!ポイントUPモールを活用すれば、高還元で買い物ができます。

またスマホのタッチ決済で対象のコンビニや飲食店は7%還元です。

貯めたVポイントは、実店舗とネットショッピングのどちらにも使えます。それ以外にも、Vポイントはカード利用額に充当したり、Tポイントなどの他社ポイントに交換したりできます。

クレジットカードにポイント還元を求める人に最適なカードでしょう。

そしてプロミスVisaカードは、カードローン機能を付帯しているので、急な出費に迅速に対応できます。

年会費無料で作れるプロミスVisaカードをぜひ利用してください。

よくある質問

よくある質問に回答します。

プロミスVisaカードの限度額はいくら?

プロミスVisaカードの融資額は500万円までです。

クレジットカードの利用可能額は100万円までとなっています。

プロミスVisaカードの審査落ちしたらどうすべき?

プロミスVisaカードの審査に落ちた人に、おすすめしたい支払い方法は以下のとおりです。

  • QRコード決済…楽天ペイやPayPay、LINEPay
  • 電子マネー…SuicaやPASMO、WAON、nanaco
  • デビットカード…楽天銀行デビットカードやNEOBANKデビットカード

これらはクレジットカードの審査に通ることなく使えます。

プロミスVisaカードの使い方を教えてほしい

プロミスVisaカードは、メインカードやサブカードのどちらでも使えます。

メインカードになるのは、ココイコ!ポイントUPモールといった優待サイトを利用すれば、高還元になるからです。

またスマホのタッチ決済(ApplePayやGooglePay)にカードを登録して、スムーズな買い物ができるためです。

プロミスVisaカードにはカードローン機能が付帯しているため、サブカードとしても役立ちます。

カードローンで500万円までの借入ができるので、ローンをすばやく利用したい人におすすめです。

目次