Oライン脱毛するべき理由!痛みのレベルは?デメリットとメリット

Oライン脱毛するべき理由!痛みのレベルは?デメリットとメリット

Oライン脱毛とは、肛門周辺の毛を脱毛する方法です。Iライン脱毛とVライン脱毛を組み合わせて、VIO脱毛と呼ばれることもあります。

VIOの中では、どうしても毛深さが目につくVラインに目がいきがちですが、自分ではよく見えないOラインの脱毛もしておくことをおすすめします。

その理由や、Oラインの脱毛方法について解説します。

VIO脱毛おすすめクリニック
クリニック エミナルクリニック TCB東京中央美容外科 湘南美容外科クリニック
VIO脱毛コース 40,800円
(5回)
48,000円
(5回)
54,000円
(6回)
全身+
VIOコース
119,000円 298,000円 198,000円
(顔含む)
無料 カウンセリング料
初診料・再診料
テスト照射
肌トラブル治療費
転院手数料
アフターケアクリーム
カウンセリング料
初診料・再診料
治療薬
トラブル時の再照射
カウンセリング料
初診料・再診料
剃毛料
キャンセル料(2日前)
転院料
トラブル時の追加照射
公式サイト 公式 公式 公式

Oライン脱毛とは

Oライン脱毛の範囲は、肛門の周囲から、左右の臀部(ヒップ)の付け根にかけてです。Iライン脱毛の範囲と重なる部分もありますが、Oライン脱毛は肛門周辺に特化した脱毛となります。

Oライン脱毛は、痛みを感じやすい部位のため、麻酔を使用したり、施術時間を短くしたりすることで、痛みを軽減する方法もあります。

また、Oライン脱毛は、Iライン脱毛とVライン脱毛を組み合わせて行うことが多いため、施術時間や回数が長くなる傾向があります。さらに、Oライン脱毛は、比較的費用がかかる部位です。

Oライン脱毛の最大のデメリットは痛み

Oライン脱毛の痛みは、一般的に他の部位の脱毛に比べて強く感じる傾向があります。Oラインは、皮膚が薄く、神経が密集しているためです。

痛みの感じ方は個人差がありますが、以下のような症状が出る可能性があります。

  • チクチクとした痛み
  • 熱さやヒリヒリとした痛み
  • 赤みや腫れ

痛みが気になる場合は、事前に麻酔クリームを塗ったり、冷却ジェルを当ててもらったりしましょう。また、医療脱毛では、レーザーのパワーを調整することで、痛みを軽減することも可能です。

Oライン脱毛の施術時間は、部位やデザインによって異なりますが、一般的に10〜20分程度です。痛みが気になる場合は、施術前に担当者に相談しておきましょう。

以下に、Oライン脱毛の痛みを軽減する方法をご紹介します。

  • 生理中を避ける
  • 事前に麻酔クリームを塗る
  • 冷却ジェルを当ててもらう
  • 医療脱毛でレーザーのパワーを調整してもらう

Oライン脱毛は、痛みや費用などのデメリットもありますが、衛生面や清潔感をアップさせる効果が期待できます。自分に合った方法で、Oライン脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

Oライン脱毛するメリットは?

Oラインを脱毛するメリットは?
そもそも、Oラインなんて普段人に見られる場所ではないし、わざわざお金をかけて脱毛する必要なんてないんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

けれども、Oラインを脱毛するメリットは、単に見た目の問題だけではないんです。

O脱毛をすると臭いやかぶれ防止になる

Oラインは、どうしても排泄物に触れやすく、女性の場合はおりものや生理の経血が流れてくる場所でもあります。

そのため、毛が生えていると、雑菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルを引き起こす原因となります。

また、ナプキンをしている時間が長くなると、毛が生えている部分がかぶれやすくなり、かゆみにも悩まされてしまいます。

Oライン脱毛をすることで、衛生面が向上し、肌トラブルのリスクを軽減することができます。

デリケートゾーンを衛生的に保つことができる

女性のVIOは、日頃からどうしても不衛生になりがちです。

生理中にナプキンを使わなければなりませんし、体型を意識してタイトなガードルを着用したり、身だしなみとしてストッキングをはいている人も多いです。

そうすると、毛深いデリケートゾーンは蒸れやすくなり、不潔な状態になってしまいます。
特に汗や汚れのたまりやすいOラインの脱毛をすることで、雑菌の繁殖をおさえ清潔に保つことができます。

自己処理の手間が省ける

Oラインの毛は、自分で処理するのが難しい部分です。Oライン脱毛をすることで、自己処理の手間が省け、時間と手間をかけずに清潔な状態を保つことができます。

Oラインのムダ毛を自己処理するお勧めの方法

Oラインのムダ毛を自己処理するお勧めの方法
準備するもの鏡、電気シェーバー タオル、アフターケア用の保湿剤

Oラインを自己処理する手順

step
1
洗浄

入浴時に、Oラインを綺麗に洗う。

step
2
感想

Oラインのよくタオルで拭いて乾いた状態にする。

step
3
確認

鏡の前で、自分でOラインが見える姿勢をとる。

step
4
温め

蒸しタオルを使ってOラインを温める。

step
5
処理

Oラインのムダ毛を、毛の流れに沿って電気シェーバーで処理していく。

step
6
冷却

処理が終わった後は、冷たいタオルでOラインを冷やして沈静化する。

step
7
ケア

デリケートゾーンにも使える保湿剤でケアする。
VIOの自己処理のアフターケア!おすすめアイテム
VIOの自己処理のアフターケア!おすすめアイテム

続きを見る

Oラインの自己処理は注意が必要!Oラインは自分からは見えづらい場所なので、自己処理をするのは特に難しい部分です。
よく見えないため加減が難しく、怖くて剃り残しが多くなってしまったり、逆にうっかり肌を傷つけてしまう恐れもあります
せっかく苦労して処理してもまたすぐ生えてきて、チクチクする感触が気になり、頻繁に処理をしてしまうことで、肌トラブルの原因にもなります。
Oラインの自己処理をするのなら、なるべく肌を傷つけにくい、刃にガードがついた電気シェーバーを使いましょう。
デリケートゾーンの洗い方!おすすめアイテムと注意点
デリケートゾーンの洗い方!おすすめアイテムと注意点

続きを見る

クリニックやサロンでOラインを脱毛する手順

Oライン脱毛の手順は、以下のとおりです。

  1. カウンセリング

脱毛サロンやクリニックでは、事前にカウンセリングを行います。カウンセリングでは、脱毛の目的や希望するデザイン、痛みへの対処法などについて相談することができます。

  1. 自己処理

Oラインは、自分で処理するのが難しい部位です。そのため、脱毛を受ける前に、自己処理を行っておきましょう。自己処理は、剃刀や脱毛器などを使って、毛を短く切ります。剃り残しがあると、脱毛効果が低下する可能性があるため、丁寧に処理しておきましょう。

  1. 施術

施術では、専用のジェルを塗った後、脱毛器で照射します。Oラインは、皮膚が薄く、神経が密集しているため、痛みを感じやすい部位です。痛みが気になる場合は、事前に麻酔クリームを塗ったり、冷却ジェルを当ててもらったりしましょう。

  1. アフターケア

施術後は、肌を清潔に保ち、保湿をしっかりと行うようにしましょう。また、日焼けや摩擦を避けることも大切です。

Oライン脱毛は、一般的に以下の回数で効果を実感できます。

  • 医療脱毛:2〜3回
  • 脱毛サロン:5回

ツルツルの状態になるまでに、医療脱毛で8〜12回、脱毛サロンで18〜25回程度の施術が必要となるケースもあります。

Oライン脱毛は、痛みや費用などのデメリットもありますが、衛生面や清潔感をアップさせる効果が期待できます。自分に合った方法で、Oライン脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

以下に、Oライン脱毛の注意点をご紹介します。

  • 生理中は、施術を受けることができません。
  • 妊娠中や授乳中の方は、医師に相談してから施術を受けるようにしましょう。
  • 肌に炎症や傷がある場合は、施術を受けることができません。
  • 施術後は、肌を清潔に保ち、保湿をしっかりと行うようにしましょう。

Oライン脱毛を検討している方は、これらの注意点をよく確認しておきましょう。

O脱毛の自己処理と脱毛サロン・医療脱毛の違い

O脱毛の自己処理と脱毛サロン・医療脱毛の違い
Oラインの脱毛をする方法には、自己処理サロン脱毛医療脱毛があり、それぞれに特徴が異なります。
これらの3つの処理方法について、違いを詳しく説明していきます。

Oラインの自己処理は難しい!?

Oラインのムダ毛を、電気シェーバーなどを使い自己処理する方法です。

入浴後の清潔な状態で行います。

自分ではなかなか見えない場所なので、鏡の前で足を開いたり、鏡の上にまたがるような体勢をとる必要があり、難易度は高めです。

シェーバーの他には、ブラジリアンワックスというワックスを使ってシートではがす、という方法もあります。

いずれにしても、自分では見えづらく、なかなか綺麗に処理できず、肌トラブルも起こしやすいという問題があります。
アンダーヘア(vio)専用シェーバーおすすめランキング!チクチクしないタイプ
アンダーヘア(vio)専用シェーバーおすすめランキング!チクチクしないタイプ

続きを見る

Oラインの処理は脱毛サロンや医療脱毛のプロにお任せするのがおすすめ

Oラインの処理は脱毛サロンや医療脱毛のプロにお任せするのがおすすめ
Oラインは自己処理が難しく、デリケートゾーンなので、肌トラブルも心配です。

また、自己処理ではいくら剃ってもまた必ず生えてきますし、チクチクした感触が気になってしまいます。

自己処理以外にも、脱毛サロンや医療脱毛で処理するという方法があります。

脱毛サロンや医療脱毛でプロの手に任せた方が、綺麗に処理することができ、トラブルの心配もありません。

通う回数を重ねることで、自己処理もほとんど必要なくなった、という人が多いです。

脱毛サロン ストラッシュ

脱毛サロンの特徴
低料金で脱毛できるところも増えていて、回数を重ねると毛が薄くなります。多くは光脱毛となるので、痛みや肌トラブルが少ないのがメリットです。

ストラッシュは、Oラインの脱毛が12回コースで32,010円と非常にリーズナブルな料金でできるのが魅力です。
STLASSH(ストラッシュ)

ストラッシュOライン脱毛料金
6回 16,500円
12回 32,010円
18回 48,015円

痛みの少ないSHR脱毛をはじめとする最新の脱毛方法を採用しています。
じっくりと照射を行うため高い脱毛効果を実感できます。

通う頻度も最短2週間おきで可能なので、脱毛完了までの期間が短いのも魅力的です。

ストラッシュ公式サイト➡

VIO脱毛がおすすめな脱毛サロンを紹介!痛くない&安い
VIO脱毛がおすすめな脱毛サロンを紹介!痛くない&安い

続きを見る

医療脱毛 湘南美容クリニック

医療脱毛の特徴
サロンでの光脱毛より出力の高い医療用レーザーを使用することで、永久脱毛をすることができます。痛みの少ない脱毛機も開発され、アフターケアも万全です。

湘南美容クリニックでは、Oラインの脱毛が6回コースで29,280円でできます。
湘南美容クリニック

湘南美容クリニックOラインの脱毛料金
1回 6,180円
3回 17,730円
6回 29,280円

また、ハイジニーナVIOセットのプランもあり、6回で54,000円と、医療脱毛ながら大変リーズナブルです。出力の高い医療用レーザーを使い、短時間の施術で高い効果を実感できます。

肌への負担が少なく、万が一トラブルが起こった時でも、医師が適切な対応をしてくれるので安心です。

湘南美容クリニック
無料カウンセリング➡

VIO医療脱毛が安いおすすめクリニック11院を比較!選び方とデメリット
VIO医療脱毛が安いおすすめクリニック11院を比較!選び方とデメリット

続きを見る

O脱毛を脱毛サロン・医療脱毛にお願いすると恥ずかしい?どんな体勢で行うの?

Oライン脱毛するときの姿勢は、脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、一般的には以下の2つの姿勢が採用されています。

仰向けの姿勢

仰向けに寝て、両足を大きく開いた状態で施術を受ける姿勢です。この姿勢は、施術者が照射しやすいため、一般的に採用される姿勢です。

うつ伏せの姿勢

うつ伏せになって、両足を後ろに伸ばした状態で施術を受ける姿勢です。この姿勢は、Oラインの毛をすべて処理したい場合に採用される姿勢です。

確かにOラインを見られるの恥ずかしいと思う女性は多いですが、スタッフの顔が見えることはなく、施術時以外はタオルで隠されているので、実際にはそこまで恥ずかしく感じる必要はないでしょう。

何より、スタッフは数多くの施術をこなしてきたプロなので、Oラインの脱毛をすることには慣れています。

親切に声がけをしてくれたり、いろいろと配慮もしてくれるので、思い切って身を任せましょう。

初めて施術を受ける時は、緊張や恥ずかしさが強いかもしれませんが、何度か通っているうちに施術の流れもわかってきて、気持ちも楽になってくるはずです。

Oライン脱毛のまとめ

Oライン脱毛は、女性なら絶対にしておきたいものですが、綺麗に安全に脱毛したいのなら、自己処理は避けた方が無難です。

料金がリーズナブルで、痛みも少なくスピーディーに脱毛できる脱毛サロンや医療脱毛クリニックはたくさんあります。
自己処理をするよりも、はるかに安全に脱毛ができます。

是非、最新の脱毛機やプロの技術でOラインをツルツルにしてもらいましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モモカ

モモカ

福岡出身の34歳、自身が毛深く毎日のお手入れが大変で、脱毛のプロにお願いしようと脱毛サロンに通たのがきっかけで脱毛ライターに。これまで国の脱毛サロン・医療脱毛クリニックに体当たり取材を行い脱毛器に詳しくなりました。

-VIO脱毛

\ VIO脱毛 月々1,000円/
エミナルクリニック公式