痩身エステを止めたらリバウンドする?リバウンドしないためにきをつけること

痩身エステに興味を持っている人のなかには「痩身エステをしてもリバウンドするのでは?」と心配している人もいるはずです。

ここでは痩身エステをやめたらリバウンドするのか、リバウンドしないための日常生活での注意点などについて詳しく解説します。
エステサロン フェイバリックス

痩身エステに通うのをやめたらリバウンドするの?

痩身エステに通うのをやめた場合、リバウンドするのでしょうか。

結論からいうと痩身エステでもダイエットでもやめてしまえば元の体型に戻ってしまいます。

痩身エステだからというのではなく、大事なのはどのようなことでも続けることです。

続けるためには痩せやすい体づくりや代謝アップのための方法を習慣としていかにうまく取り入れられるかがポイントになります。

そもそもリバウンドというのは「跳ね返り」を意味する言葉です。

特に過度な食事制限や激しい運動などで短期間で痩せた場合にみられます。

激しく地面にたたきつけたボールはその分大きく跳ね返ります。リバウンドも同じで体に負担をかけた分だけ、反動で逆に体重が増えてしまう、ボディラインが以前よりたるんでしまうというケースも起こるのです。

ですので1回で痩せると謳っている商品やサービスなどには注意が必要になります。痩身エステでもダイエットでも大事なのはアフターケア。

自分の習慣として組み込むことができれば無理なく痩せやすい体づくりを実践できるでしょう。

リバウンドする人の特徴・その理由

痩身エステで基礎代謝が上がっても、普段の生活習慣によってはリバウンドしてしまい、効果を実感しにくくなります。

リバウンドをする人の特徴や理由について詳しく解説します。

食生活が悪い

リバウンドしやすい人の特徴として、不規則な食生活である場合や間食の摂取量が多い場合などが該当します。

せっかく瘦身エステで痩せやすいからだづくりができたとしても、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなるような食生活を続けていれば、リバウンドにつながってしまうのです。

また一日一食などで一回に食べる量が多いと、血糖値が急上昇するためインスリンの分泌量が増えて体重増加につながりやすくなります。

食事を三回に分けることで、暴飲暴食を防ぎ、間食の量を減らすことができればリバウンド予防になるでしょう。

運動しない

運動をせず、家でゴロゴロしてばかりいると、消費カロリーが少ないため摂取カロリーが過剰となりリバウンドしやすくなります。

痩せやすい体質を維持するためには、ウォーキングやジョギングなど適度な運動で消費カロリーを増やすことが大切です。

ストレス

日常生活におけるストレスは、ときに暴飲暴食の引き金となります。ストレスをため込んでしまい、はけ口がないために食に走ってしまうのは危険です。

食以外にリラックスする方法や趣味や外出など自分なりのストレス発散法を実践することで、リバウンド予防を心掛けることが大切です。

リバウンドしないためには?

ここでは痩せ身エステ後にリバウンドしないために、日常生活で実践したい内容について詳しく解説します。

急激に痩せようとしない

「夏までにスリムなボディを手に入れたい」「結婚式など特別な行事までにボディラインをすっきりさせたい」など痩せ身エステに通う理由は人それぞれです。

目標とする時期まで時間があまりない場合には、すぐに効果を得たいという人もいるでしょう。

ただ、短期間での急激な変化は、体に大きな負担をかけており、その分リバウンドしやすくなります。

例えば、痩身エステに過激な食事制限を組み合わせる場合や激しい運動を組み合わせる場合などです。

体に負担がかかるため長く続けることができず、我慢をした反動で体調を崩す場合もあるでしょう。

急激に痩せようとせず、期間に余裕をもって長期的にスリムなボディを目指すことを心掛けてみてください。

食生活にも気をつける

先ほどもいいましたが、過度な食事制限は禁物です。

栄養バランスを考えながら、副菜や汁物も取り入れて三食しっかり食べることが大切です。

普段おにぎりだけ、菓子パンだけという人も、サラダや即席のスープやみそ汁を足すと満腹感を得やすくなり、摂取カロリーの調整もおこないやすくなるでしょう。

運動して筋肉もつける

リバウンドしないために、運動をして筋肉をつけることも大切です。

週末など時間があるときにはウォーキングや軽度のジョギングなどの有酸素運動を取り入れてみましょう。

ジムに通い、適度に汗を流すのもおすすめです。

また普段運動をする習慣がない人は、

  • 一駅前で降りて職場まで歩いていく
  • エレベーターではなくなるべく階段を使う
  • 車ではなく自転車を使う

など、日常生活の中で無理なく運動を取り入れる方法を実践してみるのもよいでしょう。

まとめ

痩身エステでもダイエットでも、大切なのはその後の生活習慣やアフターケアです。

体に負担をかけずに、自分のライフスタイルに合った食生活や運動習慣を取り入れることで、リバウンド知らずのボディを目指しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユリア

ユリア

沖縄県出身の29歳、元スポーツジムのインストラクター。痩せたいのに痩せれない。そんな頑張りたい人を応援するためにダイエットに関するブログを立ち上げました。ダイエットといっても目標や自分に適した方法も様々。いろんなダイエットの方法を紹介しながら、ジムやエステの選び方まで幅広く解説していきます。ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

-痩身エステ