ロイブ(loIve)の料金プラン・レンタル料・初期費用まとめ

ホットヨガ「loIve」の料金プラン・レンタル料・初期費用まとめ!お得に利用するポイントも紹介!

女性が女性のためにデザインしたホットヨガスタジオ「loIve(ロイブ)」。海外で人気の最新プログラムがいち早く導入されるなど他店に無い魅力があります。

今回はそんなloIveの料金について解説します。

  • loIve各コースの料金を確認したい
  • loIve料金を安くするコツはあるの?
  • loIve他のヨガスタジオと比べてどれだけ安いか知りたい

そんな方のためにloIveのコース料金、入会費用、レンタル料など気になるお金の話をまとめて解説します。

loIve(ロイブ)の評判・口コミを暴露!通って分かった良い点・悪い点はこちら

loIveで利用できる3つの料金プランについて

loIveで選べるコースは「月4回」「デイタイム」「フルタイム」の3つです。

いずれも店舗により料金が異なります。

例えば月4回コースは秋田店で8,470円ですが、池袋店では9,570円です。サービス内容が同じでも店舗間で1,000円を超える価格差があります。

近いという理由だけで店舗を選ぶと大きく損をする場合もあるので注意してください。
各コースの料金の目安と制限は次のとおりです。なお、料金は全て税込みです。
loIveの料金プラン一覧表
通常本コース月額料金店舗時間帯1日のレッスン制限1ヵ月のレッスン制限
①月4回8,470円~10,890円全店舗全時間帯なし4回
②デイタイム8,448円~14,300円全店舗15時開始のレッスンまで1回なし
③フルタイム10,483円~16,500円全店舗全時間帯1回なし

それぞれのコースについて詳しく見ていきましょう。

loIveのプラン

①月4回

月4回までトレーニングを受けられるコースです。料金は月額8,470円~10,890円ほどで業界の相場と比較しても安い料金が魅力です。

4回までしか利用できないと聞くと不安になる人もいるでしょうが、ヨガジャーナルの調べによるとヨガ教室に通う人の約60%が週1回か月1~2回しかトレーニングをしません。半数の人は月4回できれば十分です。

ヨガ初心者の方は、まずこのコースから始めることをおすすめします。

②デイタイム

デイタイムでは15時スタートのプログラムまで1日1回、月に何度でも受けられます。料金は8,448円~14,300円ほどで相場とそれほど変わらない価格帯になっています。

このコースで受けられるプログラムは15時開始のものまでで、15時30分など15時より後のものは対象外です。ほとんどの店舗において15時までに開催されるプログラムの数は1日3つです。デイタイムでは、この3プログラムのうちひとつを選んでトレーニングします。フルタイムコースでは1日に5~6プログラムの選べるため、デイタイムは選択肢の幅が少ないです。

また、15時スタートのプログラムはほとんどありません。多くの店舗では14:00~15:00、15:45~16:45のスケジュールになっています。15時からのプログラムをあてにしている方は注意してください。

デイタイムは午前中、もしくは14時台に自由な時間がある方に向いているコースです。

③フルタイム

全てのプログラムを対象に1日1回までトレーニングできるコースです。料金は10,483円~16,500円で店舗によっては相場よりも高くなっています。

loIveのマンスリーコースではトップグレードになりますがタオルなどの無料レンタル特典は付きません。

週に2回以上、仕事帰りにトレーニングしたい方におすすめです。

また、ほどんと毎日トレーニングしたい場合にはフルタイムを選ぶ必要があります。loIveは営業日でも昼間の時間帯にプログラムが無い場合があるため、デイタイムでは定休日以外にもトレーニングできない日があります。

loIve(ロイブ)手ぶら体験を完全レポ!服装や持ち物・無料キャンペーン内容を徹底解説!

loIve(ロイブ)手ぶら体験を完全レポ!服装や持ち物・無料キャンペーン内容を徹底解説!

続きを見る

1度だけレッスンを受けられるドロップインシステム

loIveにはコースを契約しなくてもレッスンを受けられるドロップインシステムがあります。

これは他のスタジオで提供されている都度払いに該当するものです。

ロイブ ドロップインシステム

ドロップインシステムを使えば、どのレッスンも1度だけ受講できます。

1回のレッスン料は店舗によりけりで、およそ3,135円~3,850円。マンスリーコースの1回あたりの料金よりも1,000円~2,500円ほど高いです。

ドロップインがおすすめな方は月に2回までしかトレーニングしない人です。

3回以上する場合は月4回コースを契約するほうが1回あたりのトレーニング費用が安くなります。

loIveで他店舗を手軽に安く使える区分けシステム

メモloIveは追加で330円~1,540円を支払うことで他店舗を利用できます。
大手のLAVAでは他店を使うのに3,000ほど支払う必要ありますが、それに比べるとだいぶリーズナブルですね。
店舗区分を見る

 

別の店舗を利用する際に支払う金額は店舗が分類されている地区(A~F地区)によって異なります。

A地区に属する旭川店で会員登録した方なら、B地区~F地区に属する店舗を利用する場合に料金が発生します。

料金の金額はB地区が330円、CとD地区が605円、E地区が800円、F地区が1540円です。

一方、F地区に属する銀座店で会員登録した場合は全ての地区の店舗を追加料金なしで利用できます。

このように会員登録した店舗が属する地区よりもアルファベットの順番が後になる地区の店舗を利用する場合は追加料金が発生します。

入会の際は店舗が属する地区をチェックしておきましょう。

ほとんどの店舗はB地区に属するため、C地区以上に属する店舗で会員登録すれば他店舗を使いやすくなります。

loIveのオプションの内容と料金

loIveでは3つのオプションが提供されています。いずれのオプションも月額制で、最低3ヶ月間は使い続ける必要があるため契約は良く考えてからにしましょう。

支払い方法は全て口座引き落としになります。

  • 水素水
  • バスタオル
  • 手ぶらセット

水素水

大手ヨガスタジオでは定番となっている水素水飲み放題オプションです。

料金は月々1,100円。初回は水を入れるアルミボトル(500ml)かアルミパック(1,000ml)のいずれかを購入します。

購入した容器に水素水を入れて自宅に持ち帰ることもできますよ。

バスタオル

1レッスンごとに1枚のバスタオルをレンタルできます。費用は月額550円です。

1日に複数のトレーニングを行う場合はレッスンごとにキレイなタオルを使えます。

バスタオルは天気が悪いと乾きにくく気になるニオイが付くこともありますが、このオプションを契約すれば常に清潔なタオルを利用できます。

手ぶらセット

1レッスンごとにミネラルウォーター550ml2本、フェイスタオル1枚、バスタオル1枚、ウェア上下を利用できます。

月額2,200円で利用できますが店舗によっては提供していません。

荷物を大幅に減らしたい人に最適なオプションです。持参するものは替えの下着くらいで済みます。

loIve(ロイブ)の予約・キャンセル方法

loIve(ロイブ)の予約・キャンセル方法を分かりやすく解説

続きを見る

loIveのレンタル品の料金について

レンタル品料金
バスタオル165円
フェイスタオル88円
レンタルウェア(上)154円
レンタルウェア(下)154円

バスタオルは汗を拭き取るだけでなく床に腰を下ろしてポーズをとるときのシートとしても使えます。

衛生的にもあったほうが望ましいので忘れた場合はレンタルしましょう。料金は相場より18%ほど安い165円です。

レンタルウェアは上がタンクトップもしくはTシャツで、下が黒のスパッツです。どちらもストレッチ素材でサラサラとした感触をしています。

サイズはMとLが用意されています。料金は上下合わせても308円。

タンクトップの露出が気になる方もいるでしょうが、loIveは女性専用スタジオですから安心です。

ヨガマットのレンタルは無料です。会員が利用したマットはトレーニング後に清掃されるため常に衛生的なものが利用できます。

loIveの体験レッスンの料金

loIveの体験レッスンは無料です。ウェア上下、1100mlの水、バスタオル、ヨガマット、フェイスタオルは無料でレンタルできます。必要なのは替えの下着のみです。

時間帯の制限もありませんから自分の都合のよい時間に予約できます。

お得な体験レッスンですが無料で受けられるのは1回のみです。

loIveの入会時に必要な費用

体験レッスンでloIveに興味を持ったら、そのまま入会できるよう必要な初期費用の金額を確認しておくとスムーズに手続きができます。

そこで月4回コースに入会する場合を例に、かかる総額を解説します。まずは入会費用の内訳を確認してください。

  • 入会金 1,100円(銀座店など一部の店舗は5,500円)
  • 事務手数料 5,170円
  • 2ヵ月分の月会費 19,140円(利用する店舗や時期によって異なる)

上記を合計した入会費用の総額は25,410円です。入会時に必要になる書類は次の4点になります。

  • 身分証明書(運転免許証など)
  • ご利用している金融機関のキャッシュカード
キャッシュカードを用意できない場合は銀行の通帳と金融機関届出印を代わりに使えます。

loIveの入会費用を安くする方法

loIveの入会費用は25,000円ほどでLAVAやCALDOなどの大手に比べると1万円ほど安いです。しかし、できれば可能な限り安くしたいでしょう。

ここでは入会費用を節約するコツを紹介します。
安くする方法

当日入会の特典を利用する

体験レッスンを受けた当日に入会すると特別に入会金と事務手数料が無料になります。入学金が高額な銀座店でも同様に無料です。

初めてloIveに入会する方だけが利用できる特別なキャンペーンで総額6,270円ほど安くなります。銀座店を利用する場合は10,670円も節約できます。

3ヵ月使い放題プランに登録する

3ヵ月の月会費が2,178円~4,290円になる期間限定の特別キャンペーンです。

loIveで一番安い月4回コース料金(9,570円)を大幅に下回るため、入会時に払う2ヵ月分の月会費が最大で半分以下の4,356円になります。月4回コースを普通に入会する場合に比べて1万円以上節約できます。

当日入会の特典と併用できるのも魅力です。

のりかえ割やフレンドキャンペーンを利用する

のりかえ割は他のヨガスタジオから移ってきた場合に適用できるキャンペーンで、入会金と事務手数料、さらにコースの月会費が2ヵ月無料になります。

フレンドキャンペーンではloIveを利用している友人に紹介してもらい入会すると入会金と事務手数料が免除されます。加えて、友達と一緒に参加した最初のレッスンが無料になります。

ホットヨガloIve(ロイブ)に1年通った感想!効果がなかったなどみんなの悪い口コミも

loIve(ロイブ)に通って得られる効果は?週に何回通うのがいいの?効果的な通い方とは

続きを見る

loIveの各料金の支払い方法

月会費の支払い

月会費の支払いは最初の2ヵ月分以降は口座引き落としになります。引き落としが行われるのは毎月27日です。27日が土日祝日の場合は翌営業日になります。

ドロップインの支払い

ドロップインのレッスン料を支払う場合は現金かクレジットカードが利用できます。利用可能なクレジットカードはVISA、マスターカード、JCB、UFJ、DC、ニコスの6種類です。

loIveは他のホットヨガスタジオよりも安い?

loIveの料金は業界の相場と比較して安いです。初心者の利用が多い月4回のコースではコスパがいいと言われるCALDOが8,800円なのに対してloIveは最安値で8,470円です。

わずかな差ですが1年続ければ4,000円ほどの違いになります。

本気でヨガに取り組みたい人向けのフルタイムコースではCALDOが15,400円、loIveは大都市圏で15,180、地方では11,880円です。地方で真剣にヨガをしたい方は断然loIveがお得です。

都度払いでは各スタジオともにそれほど差はありません。

レンタル料はloIveがリーズナブルです。ウェアなどはLAVAやCALDOの半額で利用できます。

loIveは全国展開するホットヨガスタジオのなかでは一番価格が安いです。とくに地方スタジオの料金は頭一つ抜けた安さがあります。

まとめ:loIveは初期費用が安くフルタイムコースがお得

loIveは初期費用が25,000円ほどと他スタジオより10,000円安いです。さらにキャンペーンを適用できれば12,000円になるため業界トップクラスの安さになります。

初期費用が重荷になっている方はloIveを検討すべきでしょう。

月会費も全体的に他スタジオよりリーズナブルな料金設定になっています。とくに安いのはフルタイムコースです。リーズナブルな店舗では月額11,880円で利用できます。

オプションやレンタル料金も安いためランニングコストも抑えられます。

他店舗を追加料金なしで使えることが多いのも魅力です。

LAVAのような高度なマンツーマンレッスンはありませんが、費用が安いため料金を抑えてホットヨガをしたい人は体験レッスンに申し込んでみましょう。店舗は南国リゾート風でオシャレです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユリア

ユリア

沖縄県出身の29歳、元スポーツジムのインストラクター。痩せたいのに痩せれない。そんな頑張りたい人を応援するためにダイエットに関するブログを立ち上げました。ダイエットといっても目標や自分に適した方法も様々。いろんなダイエットの方法を紹介しながら、ジムやエステの選び方まで幅広く解説していきます。ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

-loIve(ロイブ)