VIOの自己処理の正しいやり方と手順!それぞれのメリット・デメリット・注意点

VIOの自己処理の正しいやり方と手順!それぞれのメリット・デメリット・注意点

VIOのムダ毛はしっかりケアしておきたいけれど、自己処理でキレイにするのは難しい部分でもあります。
よく方法がわからないまま自己処理すると、肌荒れなどのトラブルを招いてしまうことも少なくありません。

VIOのムダ毛を処理したいと考えている人は、まずは自己処理をする前に、ここにまとめた内容をよく読んでみてください。

目次

VIOの自己処理の方法

VIOの自己処理には、以下の方法があります。

電気シェーバー

手間 ★★★★☆
コスト ★★☆☆☆
仕上がり ★★★☆☆

VIOはデリケートな上に、見えづらく剃るのが難しい部位であるため、刃が直接肌に当たりにくい電気シェーバーを使うのが安心です。

電気シェーバーは、カミソリよりも肌への負担が少ない方法ですが、カミソリよりも毛が残りやすいため、頻繁に処理する必要があります。

また、VIOに使うには小回りがきく仕様でなければ使いづらいので、専用のシェーバーを購入する必要があります。

アンダーヘア(vio)専用シェーバーおすすめランキング!チクチクしないタイプ

ヒートカッター

手間 ★★☆☆☆
コスト ★★★☆☆
仕上がり ★★★★☆

ヒートカッターは、電気シェバーと違い、熱で毛を焼き切るという仕組みでムダ毛処理ができます。

電気シェーバーやカミソリのように、毛先がとがらず丸くなるので、チクチク・ジョリジョリした手触りにならないのがメリットです。
肌に直接触れないため敏感肌の人にもおすすめです。

ただし、毛深い人だと電気シェーバーよりも処理するのに時間はかかってしまうでしょう。

カミソリ

手間 ★★★☆☆☆
コスト ★★★★★
仕上がり ★★☆☆☆

カミソリは普段から他の部位のムダ毛処理に使うことが多い馴染みのあるアイテムです。ドラッグストアなどで手軽に購入でき価格も安いものが多いです。

ただし、肌を傷つける可能性があるため、注意が必要です。

ブラジリアンワックス

手間 ★★★☆☆
コスト ★★★☆☆
仕上がり ★★★☆☆

ブラジリアンワックスとは、砂糖やはちみつなどの天然素材からできたワックスで、ムダ毛を処理したい部分に塗布してから剥がすと、毛根から処理できてツルツル肌になります。

ただし、永久脱毛ではないのでまた生えてきますし、一番のデメリットは、剥がす時の痛みです。また、埋没毛が見られたり、処理したあとの肌に黒いポツポツができてしまうこともあります。

家庭用脱毛器

手間 ★★☆☆☆
コスト ★☆☆☆☆
仕上がり ★★★★☆

電気シェーバーなどよりも、自己処理の効果を長持ちさせたい人には、家庭用脱毛器を使用するという方法もあります。

最近では、家庭で使える光脱毛器やレーザー脱毛器もあります。

自宅にいながら好きな時に脱毛できるのは便利ですが、それなりに高い価格のものも多く、処理前後に必要なケアなどの手間を考えると、サロンやクリニックでの脱毛と比べてコスパが良いとは言い切れません。

VIOの自己処理の正しいやり方と手順

VIOの自己処理の正しいやり方と手順は、以下のとおりです。

準備

  • カミソリや除毛クリームなどの道具を用意する
  • 処理前に十分に保湿する

処理

  • 毛の長さが5mm程度になるまでハサミで切る
  • カミソリを使用する場合は、肌に直接触れないように注意しながら、毛の流れに沿って剃る
  • 除毛クリームを使用する場合は、使用説明書をよく読んで、正しく使用する

アフターケア

  • 処理後は保湿をしっかり行う
  • 肌に違和感やトラブルがある場合は、使用を中止する

アンダーヘアを自己処理するメリット

アンダーヘアを自己処理するメリット

費用が安い

脱毛サロンで脱毛する場合、1回あたりの施術料金が数万円かかる場合もあります。一方、自己処理であれば、カミソリや除毛クリームなどの道具を揃えるだけで済み、費用を抑えることができます。

時間や場所を選ばない

脱毛サロンで脱毛する場合は、予約や通勤などの時間が必要です。一方、自己処理であれば、自宅で好きな時間に処理することができます。

自己流で好きなデザインにできる

脱毛サロンで脱毛する場合は、脱毛サロンのプランやスタッフの技術によって、デザインが制限される場合があります。一方、自己処理であれば、好みのデザインに自由に整えることができます。

アンダーヘアを自己処理するデメリット

肌トラブルのリスクがある

カミソリや除毛クリームなどの自己処理方法は、肌を傷つける可能性があります。肌を傷つけると、かぶれや炎症などの肌トラブルを引き起こすことがあります。

具体的には、以下の肌トラブルが挙げられます。

  • かぶれ
  • 炎症
  • 色素沈着
  • 埋没毛
  • 毛嚢炎

処理の頻度が多い

自己処理では、毛根から毛を抜くわけではないため、すぐに毛が生えてきます。そのため、定期的に処理する必要があります。

完全に脱毛できない

自己処理では、毛根から毛を抜くことは難しいため、完全に脱毛することはできません。そのため、生えてくる毛は細くなり、チクチクとした感覚がある場合があります。

自己処理による肌トラブルを防ぐために、以下の点に注意しましょう。

  • 処理前に十分に保湿する
  • 肌を傷つけないように丁寧に処理する
  • 処理後は保湿をしっかり行う

また、自己処理では完全に脱毛できないため、定期的に処理する必要があります。

自己処理と脱毛サロンでの脱毛は、それぞれメリットとデメリットがあります。自分に合った方法を選ぶことが大切です。

以下に、自己処理と脱毛サロンでの脱毛のメリットとデメリットをまとめます。

項目自己処理脱毛サロン
費用安い高い
時間短い長い
場所自宅サロン
デザイン自由制限される
肌トラブルのリスク高い低い
処理の頻度高い低い
脱毛効果低い高い

VIOを自己処理する時の注意点

VIO脱毛の注意点

VIOを自己処理するときは、以下の点に注意しましょう。

  • 自己処理前には体を清潔にして蒸しタオルなどで温める
  • IラインやOラインは特に見えづらいので鏡を用意する
  • 処理後は保湿クリームなどでケアを行う
  • 肌トラブルがある時や体調不良時は避ける
  • 自己処理を繰り返すとデリケートゾーンの黒ずみの原因になる

処理前に十分に保湿する

カミソリや除毛クリームを使用する場合は、肌が乾燥していると肌を傷つけやすくなります。そのため、処理前に十分に保湿をして、肌を柔らかくしておきましょう。

肌を傷つけないように丁寧に処理する

カミソリを使用する場合は、肌に直接触れないように注意しましょう。また、除毛クリームを使用する場合は、使用説明書をよく読んで、正しく使用しましょう。

処理後は保湿をしっかり行う

処理後は、肌を乾燥させないように、保湿をしっかり行いましょう。保湿剤は、低刺激のものを選ぶとよいでしょう。

処理の頻度を控える

肌に負担をかけないように、処理の頻度を控えましょう。カミソリを使用する場合は、1週間に1回程度、除毛クリームを使用する場合は、2週間に1回程度を目安にしましょう。

VIO脱毛後にヒリヒリする!予防法と対処法

VIOのムダ毛をキレイに処理したいならクリニックがおすすめ

このように、VIOの自己処理をする方法はいくつかありますが、やはり難易度が高く、デメリットが多いことや、トラブルの可能性があることは否めません。

安全に満足できる仕上がりにしたいなら、クリニックを利用するのがおすすめです。

クリニックでVIO脱毛をする

メリット 永久脱毛ができる
デメリット 痛みがある場合がある 料金が高いところもある

クリニックで医療脱毛をするメリットは、出力の高い医療用レーザーで永久脱毛ができることです。
完全に生えてこないようにしたい、自己処理が全く必要にならないくらいの効果を希望している人には、医療脱毛が最適です。

デメリットとしては、効果が高い分痛みを伴う場合があること、一般的に脱毛サロンと比較すると料金が高いことが挙げられます。

湘南美容クリニックは6回54,000円で医療脱毛なのに安い!

1回9,800円
3回28,500円
6回54,000円

医療脱毛は効果があるけれど料金が高い、と思っている人は多いかもしれませんが、【湘南美容クリニック】なら、VIO脱毛の6回コースが54,000円と、医療脱毛なのに大変お手頃な価格で人気を集めています。

痛みを感じにくい最新の脱毛機を使い、もしも耐えられない時には麻酔も使えるというクリニックながらのメリットもあります。

自己処理は手軽にできるけどVIOの脱毛はプロにお任せするのがおすすめ

VIOのムダ毛を自己処理するのは、意外に難しく、失敗やトラブルも多いもの。

かといって、女性のたしなみとしては、何もケアしないわけにはいきませんよね。

処理してもすぐ生えるVIOのムダ毛や、黒ずみやポツポツ、チクチクといった自己処理後の悩みを解決したいなら、やっぱり脱毛サロンや医療脱毛で、プロの手に任せるのが断然おすすめです。

デリケートゾーンのひどい黒ずみの原因と対策

格安で満足のいく仕上がりのVIO脱毛ができるサロンやクリニックもあります。まずは気軽に問い合わせて、カウンセリングを受けるところからスタートしてみましょう。

この記事を書いた人

沖縄県出身の29歳、元スポーツジムのインストラクター。痩せたいのに痩せれない。そんな頑張りたい人を応援するためにダイエットに関するブログを立ち上げました。ダイエットといっても目標や自分に適した方法も様々。いろんなダイエットの方法を紹介しながら、ジムやエステの選び方まで幅広く解説していきます。ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

目次