セルフエステってどういうシステム?口コミで分かったメリット・デメリット

最近話題となっているセルフエステ。

サロンで専用の機器を使い自分で施術を行うセルフエステは、興味があっても始めるのには少し勇気がいるものです。

そこでこの記事ではセルフエステに挑戦してみたいと考えている人が持っているであろう様々な疑問について答えていきます。

おすすめセルフエステランキングはこちら

セルフエステとは

セルフエステとは通常のエステサロンではプロのエステティシャンによって行われていた施術を、自分自身で行うタイプのエステです。

セルフのガソリンスタンドやトレーナーの指示を受けずに自分でトレーニングを行うジムのエステ版と考えるとわかりやすいでしょう。

セルフエステの仕組み

セルフエステの仕組みは主に月額で通い放題となっています。一般的には決められた時間は置いてあるマシンを自由に使えます。

サロン側はあくまで専用機器を貸し出しているだけなので、プロのエステティシャンに施術してもらう場合と比べて料金が非常に安くなるのが最大の特徴となっています。

機器の使い方に関しては事前にきちんとレクチャーを受けられるので自分で施術する方法を調べる必要はありません。

セルフエステを選ぶメリット

月額制のため低料金でわかりやすい

プロからの施術を受ける場合、一体どういう理由でその料金が設定されているのかわかりにくい場合があります。

通常の痩身エステサロンでは低価格コースであっても1回の施術ごとに2万円前後の料金が発生するのが普通です。

それに対してセルフエステは1ヶ月単位での月額サブスクリプション制度を導入しているサロンが一般的となっています。

1ヶ月の間は通い放題となるため、月に2回以上の利用であれば簡単に元を取ることが可能です。

ただし、基本料金とは別に特別な機器の使用料や時間延長料金が発生することもあるため注意しましょう。

自分の都合に合わせて通える

普通のエステサロンは、当然エステティシャンの時間を押さえるために予約が必須となります。

その点、セルフエステであれば自分の好きなタイミングで施術することが可能となります。

急に予定が空いてしまった時や仕事が早く切り上げられた際にセルフエステを利用するようにすれば時間を有効活用することができるでしょう。

基本的に多くのセルフエステは飛び込みで通えるようになっており、キャンセル料などもかかりません。

最新の美容機器を好きに使える

エステの世界は日進月歩と言えるため、新しい機器が次々と登場しています。

セルフエステでは積極的に最新機器への入れ替えを行なっているため、通常のエステサロンでは予約と高額コース利用が必須となるような最新機器による施術が簡単に受けられます。

最新機器であるほど使いやすく改良が進んでいるケースが増えるため、セルフエステに向いているというのも重要なポイントです。

他人に見られることなく施術できる

たとえ同性のエステティシャン相手であったとしても、痩身のための施術やムダ毛の処理を他人に任せることに強い抵抗感を持つ人は決して珍しくありません。

セルフエステは誰にも見られることなくエステに挑むことができるため、これまでのエステサロンに抵抗があった人であっても楽しく続けられるようになっています。

一つのサロンだけで様々な施術が受けられる

一般的にエステサロンには専門性があり、脱毛に特化したサロンや痩身に特化したサロンなどから自分の望む場所を選ぶ必要があります。

セルフエステにはあらゆる美容機器が取り揃えされているため、目的に応じてサロンを選択する必要がありません。

好きな施術を重点的に行うこともできますし、毎回気になる部位に施術を行うこともできます。

セルフエステのデメリット

全て自分で施術する必要がある

セルフエステのメリットであり最大のデメリットともなるのが、やはり自分自身で施術をする必要がある点です。

太ももやお腹などは自分でも比較的施術のしやすい箇所になりますが、背中など視認が難しい箇所の施術はかなり難しくなります。

また使用する機器に重さがある場合、片手で長時間保持して施術することが困難になることもあるでしょう。

セルフエステでは部位や機器ごとの施術のしやすさについては事前に十分確認しておくことが求められます。

機器の操作に戸惑うと安心できない

機器の操作を教わることができるとはいえ、やはり慣れない機械の操作には不安がつきまとうものです。

安全性の確認が自分でできないだけでなく、本当にこのやり方で合っているのかといった効果への疑問も膨らんでいくものでしょう。

そのため機器の使用法に関しては事前のレクチャーをしっかり受けて納得の上で使用することが必要になります。

セルフエステであってもサロンによってはスタッフを呼び出して質問できる場合もあるため、確認してみましょう。

エステティシャンとの会話といった癒しの時間がない

エステサロンの魅力は施術による美容効果だけではありません。

日常から離れた特別な空間でリラックスする効果も見逃せないものとなっています。

セルフエステだとエステティシャンとの会話はありませんし、ゆったり寝そべりながら施術を受けることもできなくなります。

そうしたデメリットは受け入れた上でセルフエステを使うようにしましょう。

セルフエステと通常のエステの比較

比較セルフエステサロン
コスパ×
通いやすさ×
効果
癒し×
安全性

セルフエステと通常のエステサロンを比較すると、最大の違いはやはりコストパフォーマンスにあると言えるでしょう。

セルフエステはとにかく安価にエステを受けられることが魅力となっています。

また予約の必要もないため、時間が限られている忙しい人が僅かな余暇を自分磨きのために使うといった利用法が一番に想定されます。

自分自身のお金・美容・時間の3点を全て自己責任でコントロールしたい人にこそセルフエステはおすすめです。

一方で安心感や癒しを求めているのであれば一般のエステサロンを利用するようにしましょう。

実際にセルフエステを体験した人達の口コミ

<良い口コミ>

<悪い口コミ>

実際にセルフエステを体験したり定期的に通っている人達は、自分磨きの手段として非常に満足している様子が伺えます。

一方でセルフエステの一部には悪評の多いサロンがあり、そういったサロンへの愚痴めいたものが特にTwitterでは散見されます。

セルフエステの利用前には実際のトラブル事例をチェックして注意点を知っておくこと

セルフエステでの健康被害に関する実例

2019年に報告された健康被害のケースでは、自分で顔に当てる「HIFU(ハイフ)」と呼ばれるタイプの機器を使用していたところ唇や耳にビリッとした痛みが走り感覚がおかしくなった事例が確認できます。

これらのケースでは神経内科を受診したところ、神経損傷で感覚が麻痺しており自然治癒するかどうかはわからないとの診断が下されたとのことです。

HIFUは主に超音波を利用した痩身目的の機器ですが、これにより感覚麻痺や火傷などの被害を被ったとの報告が多くあります。

・セルフエステでの契約トラブルに関する実例

「セルフ脱毛が100円キャンペーン中」との広告を見て自分で施術を行ったところ、実は機器の1回使用(ワンショット)ごとに100円の設定であり会計では1万3500円を請求されたというトラブルの報告が確認できます。

他にも月額1万円からという宣伝を見てセルフエステを訪れ契約したあと、解約を申し出たところ「3ヶ月間は自由に解約できないため今辞めるならキャンペーンで無料になった入会費2万円と今月の会費の合計3万5000円の支払いを請求されたというケースもありました。

関連ニュース「セルフエステ」の契約は慎重に検討しましょう!-安さ、手軽さが強調されている一方で、危害や解約トラブルが発生しています-(発表情報)_国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200213_1.html

セルフエステのメリットやデメリットのまとめ

セルフエステは自分の都合に合わせて施術を進めることが可能な点や比較的安価にエステを受けられる点など多くのメリットが存在します。

その一方で全てを自己責任で行うことに不安のある人が単純に安さや手軽さだけを求めてセルフエステに挑戦するとトラブルに繋がりやすいとも言えるでしょう。

セルフエステは十分な知識を身につけた上で安全に利用することが大切です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユリア

ユリア

沖縄県出身の29歳、元スポーツジムのインストラクター。痩せたいのに痩せれない。そんな頑張りたい人を応援するためにダイエットに関するブログを立ち上げました。ダイエットといっても目標や自分に適した方法も様々。いろんなダイエットの方法を紹介しながら、ジムやエステの選び方まで幅広く解説していきます。ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

-セルフエステ