ミュゼでクーリングオフ!全額返金までの流れをまとめました

ミュゼプラチナムのクーリングオフの方法
この記事では、ミュゼでクーリングオフする方法、全額返金までの流れをまとめました。

まず先にチェック:クーリングオフとは?

クーリングオフとは《一定期間内であれば、無条件で契約を解除したり、申し込みを撤回できる法的制度》です。
訪問販売や電話勧誘時による契約だけでなく、エステティックや美容医療などもクーリングオフの対象となり、私たち消費者を守ってくれます!

クーリングオフをしたことにより、解約の違約金や手数料を支払う必要はナシ!
またミュゼにおける契約解除では返金されない、ミュゼスター会員の入会金もクーリングオフなら返金されます。
つまり、契約直後に「やっぱり辞めたいな…」と後悔しているならば、クーリングオフの期間内に通知するのがベスト。

解約理由の説明もいらず、店舗に出向く必要もないため、金額面だけでなく気持ち的にも負担がありません。スタッフさんとの気まずさもなくて一安心!
クーリングオフをしたからといって、店舗から電話がかかってくることもありませんよ。

ただし、自身がクーリングオフの対象者であるかは契約時の条件によって異なるため注意!どのような条件の場合にクーリングオフができるのか、次で詳しくご説明します。

ミュゼ:クーリングオフの条件は・・契約から8日以内であること
契約から8日以内なら・・クーリングオフとなり「全額」返金される

クーリングオフ対象者の条件は2つ!

①契約金額が50,000円以上
②契約したプランの期間が1か月以上

両方を満たしている必要があり、片方のみ該当している場合は、クーリングオフではなく契約解除に該当します。

そして期間にも注意!
ミュゼのようなエステティックサロンの場合は《契約日から8日以内》に通知する必要があります。

例えば、9月1日に契約をしたのであれば、当日を1日目とカウントし、締め日は9月8日。郵便の場合は、消印日が8日であればOKです。

契約から9日以降なら・・途中解約となり「未消化分が」返金される

クーリングオフ対象者の条件が片方しか当てはまらなかった方や、契約日より9日以上経ってしまった後に解約をしたい場合は「途中解約」の方法をとります。

残りの回数を返金してもらうことができ、解約手数料や違約金はかかりません。しかしミュゼスター会員の入会金や使用した化粧品の金額は対象外です。

そしてクーリングオフと違い、手続きは店舗にて行うため手間がかかってしまうんです…。クーリングオフができるならば、早めに対処するのが良さそうですね。

途中解約に関しては、下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

ミュゼプラチナムの解約方法
ミュゼの解約手順!全身脱毛の途中解約で返金はあるの?退会方法を調べました!

続きを見る

ミュゼ:クーリングオフは簡単2ステップ《クーリングオフの流れを解説!》

ミュゼのクーリングオフは簡単2ステップです。

流れで解説していきます。

step
1
コールセンターへ電話をかけて、クーリングオフする旨を伝える(または書類郵送)

一番早く手軽にできる方法は電話による通知です。ミュゼのコンシェルジュデスクに電話をし、クーリングオフをする旨を伝えるだけで大丈夫!

TEL:0570-082489

解約の流れについて説明してくれるので、メモするものを用意しておきましょう。

又は、電話をかける代わりに「契約解除通知書」を、送付記録が残る「簡易書留」か「特定記録郵便」で郵送する

電話が苦手な方や期間までに時間がある方は、郵送にて通知しましょう。
手元に証拠となる書類が残るため、万が一の場合を考えると電話よりも安心です。

まずは通知書を作成します。記入事項を漏れなく書いていれば、ハガキでも便箋でもOK!通知書に書く内容は以下の通り。

  1. 契約日
  2. 契約した脱毛プラン名
  3. 契約した店舗名と金額
  4. 返金先の口座情報(現金支払の場合)※1
  5. 解約希望の文章 ※2
  6. 通知書を郵送する日付
  7. 名前・住所・電話番号

※1:クレジットカードで支払っている場合は、「クレジットカード支払の取り消し処理をお願いします」との旨を記載します。口座番号の記入は不要です。

※2:「支払った代金〇〇円を返金し、商品を引き取ってください」のような、簡単な定型文でOK!不安な方は、国民生活センターのサイトを参考にしてみてくださいね。

通知書が書けたら、念のためコピーを取っておき、クーリングオフが完了するまで保管しておきましょう!

郵送方法は《簡易書留》《特定記録郵便》がおすすめ。特に、簡易書留ならば土日祝関係なく配達され、対面の手渡しがあるため、より安心です。

step
2
クーリングオフの手続き完了を待ち、返金を確認する

電話や書面にて通知を終えたら、あとは《クーリングオフの手続き完了通知》と《返金(クレジットのキャンセル)》を待つのみ!

…と言われても、返金されるまで、気が落ち着きませんよね。返金までにはどのくらい時間がかかるのでしょうか?次の章で見ていきましょう!

ミュゼ:クーリングオフ後の返金はいつになる?

現金支払の場合、通知より1か月後の月末に返金されます。
1か月を過ぎても返金がない場合は、必ず問い合わせを行ってくださいね。

クレジットカード支払の場合、カード会社により異なりますが、約2か月後と現金支払よりも遅く返金されます。

これは、決済日から取り消し処理までに月を跨いでしまったり、ミュゼとカード会社のやり取りに時間がかかってしまったりするためです。そのため、請求が一旦来てしまう可能性がありますが、クーリングオフの手続き完了通知が来ていれば大丈夫!

翌月の利用分との相殺や口座に返金などの処理が行われます。クレジットカードの明細は、しっかりと確認しておいてくださいね。

ミュゼのクーリングオフに関するQ&A

施術を受けた後でもクーリングオフできる?

施術を受けた後でも、《契約金額が50,000円以上》《契約したプランの期間が1か月以上》の両方に当てはまるのであれば、問題なくクーリングオフができます! 1回分の費用が引かれることなく、全額返金されますのでご安心を!

クーリングオフ後に再契約はできる?

再契約も可能です!法的にも問題はありません。 しかし一度会員になっているため、《ミュゼの利用が初めての方限定プラン》など、一部お得なキャンペーンは対象以外になってしまいます。

まとめ:勢いあまってミュゼで契約したけどクーリングオフもちゃんとできることを頭に入れておこう

店舗では気持ちが高ぶって契約してしまったけれど、家に帰って冷静に考えてみると「やっぱり月々の支払が厳しい」「その場の雰囲気に流されて契約してしまった…」など、解約したいと思うこともあるでしょう。

そんな私たちの強い味方「クーリングオフ」制度!
通知一つで解約が可能、店舗とのやり取りもないため、気負うことなく解約ができます。期間は8日以内ですので、早めに対処しましょう。

また、ミュゼでは強引な勧誘はありませんが、それでも断るのが苦手で無料カウンセリングすら行くのをためらってしまっている方もいるかもしれませんね。
クーリングオフ制度を知った今なら、もう大丈夫!ミュゼが気になっているのならば、クーリングオフ制度を頭の隅において、ぜひ勇気を出してカウンセリングを受けてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モモカ

モモカ

福岡出身の34歳、自身が毛深く毎日のお手入れが大変で、脱毛のプロにお願いしようと脱毛サロンに通たのがきっかけで脱毛ライターに。これまで国の脱毛サロン・医療脱毛クリニックに体当たり取材を行い脱毛器に詳しくなりました。

-ミュゼ