仕事運をアップさせる方法とは?仕事探し・継続・開業の3つのパターン

仕事運アップする方法とは?
  • 仕事運を上げるにはどうしたらいいですか?
  • 今年の仕事運は?

など、仕事運についてのご相談は多いです。

仕事運は、その方の状況によって鑑定のポイントが変わります。

本記事では、「仕事運とは?」をお伝えした上で「仕事探し、仕事選び」「仕事の継続」「開業や経営」の三つのパターンに分けて仕事運をアップさせる方法をそれぞれお伝えしています。

仕事運とは?

①仕事運には、自分の努力で変えられるものと変えられないものがあります。

・自分では変えられない宿命的なもの

チャンス、タイミング、アクシデントなど

・自分の努力で変えられる流動的なもの

待遇、対人関係、成績など

宿命的なものと流動的なものは、きっぱりと分かれるものもあれば織り交ざるものもあります。

②仕事運の良し悪しの判断は、その人が何を重視するかで変わってきます。

  • 適職や天職に就けているか
  • 待遇が良いかどうか
  • 長く続けられるかどうか
  • 対人関係は良いかどうか など

占いでできること

①のように、仕事運について宿命的なものと流動的なもののバランスを鑑定します。

そして、クライアント様のご意向に沿って②のように細かい仕事運について鑑定します。

その上で、必要なアドバイスをすることができます。

仕事探し、仕事選びでの仕事運とは?

仕事を探すときに気になる仕事運は、主に次のふたつです。

  • 自分にあった仕事がみつかるか?(適性)
  • いつ、仕事がみつかるか?(時期)

仕事探し、仕事選びについて、占いでわかること

  • 仕事の適性
  • 退職や転職に適した時期
  • 転職して良いかどうかの吉凶判断
  • 就職先のとの相性診断 など

自分では変えられない宿命的なもの

「家業を継いだ」「好きなことや得意なことが仕事になった」「ある人との出会いで自然と道が開けた」など、宿命的に天職とめぐり合うことがあります。

誰にでも宿命的な天職があるわけではありませんが、自分とご縁の深いご先祖様、神様、前世などが分かると天職にめぐり合いやすくなります。

占いやスピリチュアル鑑定では、その点を視てもらいましょう。

仕事探し、仕事選びでの仕事運が下がる行為

①行動しない

行動しないことには始まりません。

特に人気の高い職業や会社は、競争率も高いです。

良い情報を見つけたらタイムリー動きましょう。

②むやみに転職を繰り返す

仕事を始めても「自分に向いていない」とすぐに辞めてしまい、次の仕事を探す。

これを繰り返すと、辞めグセからなかなか抜けられなくなり仕事運は下がります。

仕事を始めてすぐには、仕事に慣れないのも対人関係に馴染めないのも当たり前。

3ヶ月~半年ぐらいの期間は、とりあえず頑張ってみるくらいの心積もりが必要です。

③仕方なく働く

本当は働きたくないけど生活のために仕方なく働くなど、ネガティブな理由で仕事を探すと、それは面接官に伝わってしまいます。

その結果不採用になることが多く、仕事運は下がります。

プラスのイメージや理由をもつようにしましょう。

仕事探し、仕事選びでの仕事運をアップさせるには?

働くことにポジティブなイメージをもつと、その波動が仕事運の上昇につながり、より良い仕事が見つかりやすくなります。

①タイミングを逃さない

良い仕事へのめぐり合わせは、タイミングが重要です。

こまめに求人情報などをチェックしてタイミングを逃さないようにしましょう。

②固定観念を捨てる

仕事を探すときは、幅広い情報を集めることも大切です。

「この仕事は駄目だ」という固定観念が強すぎると、チャンスを逃してしまう可能性があります。

③自分をブランディングする

自分のスキルや特技は、仕事を探す上で大きな武器になります。

しっかりと自分の個性や人間性をアピールできるようにブランディングしましょう。

占いのワンポイントアドバイスで改善した例

事務職をやっている女性から「なかなか仕事が続かず何度も転職をしています。次の仕事を見つけるにあたって何か気をつける点はありますか?」という相談を受けました。

適職を鑑定したところ、事務職よりもサービス業、特に飲食店が向いているという結果が出ました。

それをお伝えすると「実は、実家が飲食店をやっていて学生の頃手伝いをしていたので慣れてはいます。だけど、飲食店の大変さも知っているので普通の会社員になりたいと思って事務職を選んでいました。」とのことでした。

けして飲食店の仕事が嫌いなわけではないということで、飲食店への就職も視野に入れて探してみることをアドバイスしました。

その結果、その女性は大手の飲食店に就職しました。

そこでとても楽しく働くことができ、店長としてお店を任せられるまでに出世しました。

いずれは実家を継ぐことを視野に入れて考えているそうです。

この女性は「子供のころはサラリーマン家庭が羨ましく、事務職を希望していました。でも、実際に働いてみると飲食店のほうが水に合っていましたね。遺伝かな?!」とおっしゃっていました。

仕事の継続性に関する仕事運は?

今やっている仕事がうまくいくかどうか?仕事の継続性に関する仕事運は、主に次の3つがポイントです。

  • その仕事の適性や会社との相性
  • 会社の将来性
  • 職場の環境(対人関係や待遇)

仕事の継続性について、占いで分かること

  • 仕事の適性や会社との相性
  • プライベートを含めた運勢判断
  • 会社の待遇や、金運の流れ
  • 会社の運勢診断
  • 会社内での対人関係の良し悪し など

仕事の継続性で自分では変えられない宿命的なもの

  • 現職とは異なる宿命的な仕事との出会いがある
  • 結婚や移住など、宿命的なご縁の導きがある など

人生の大きな流れのなかで、必然的に仕事を辞める選択に導かれることがあります。

仕事の継続性での仕事運が下がる行為

①勤務態度が悪い

遅刻や休みが多いなど勤務態度が悪いと、ご自身の仕事に対する波動が低くなるため仕事運は下がります。

周りからの評価も下がり、出世運は無くなります。

②惰性で仕事をする

惰性で仕事をすると、ご自身の仕事中の波動が悪くなり、周りからの期待もなくなるため仕事運は下がります。

③周囲の人を大切にしない

職場の人達やお客様など仕事で関わる人達を大切にしないと、職場での人気運が下がりそれにともなって仕事運は下がります。

仕事の継続性に関する仕事運をアップさせるには?

仕事を継続し、出世などより良い環境にしていくためには、自分の職場での波動を高く保つ必要があります。

①周りの人達へ感謝の気持ちをもつ

周りの人達を大切にすると、応援や後押しを受けて波動が高くなります。

①職場を大切にする

デスクまわりをきれいに保ち職場(場所)を大切にすることで、気持ちが引き締まり波動が高くなります。

②社内の動きに敏感になる

昇進を考えている人は、出世運を上げる必要があります。

社内の人間関係や会社の方針など情勢を集め、的確に判断して動くことが大切です。

③プライベートも大切にする

仕事とプライベートのバランスは人それぞれですが、心身の健康状態は仕事運に大きな影響を与えます。

仕事運を上げるためには、プライベートな自分の波動も上げるよう心がけましょう。

仕事運は行動で変わることの例

徒歩圏内に2店舗の土産店をオープンさせた男性オーナー。

オープニングスタッフとして、それぞれの店舗に女性の店長(AさんとBさん)を雇うことになりました。

人気の観光地ということもあり、どちらのお店も売り上げは上々でした。

ところが、しばらくするとAさんのお店の従業員から苦情やBさんのお店への異動希望や退職者が出るようになりました。

理由はAさんへの不満でした。

  • 気分屋で挨拶をしても返してくれないことがある
  • Aさんのミスを自分のせいにされた
  • 自分のミスはごまかすくせに従業員がミスをするときつく怒る
  • Aさんの機嫌が悪いと店内の雰囲気が最悪になる
  • オーナーがいるときといないときでは全然態度が違う など

一方Bさんに対しての従業員からの信頼は絶大でした。

  • 従業員全員に対して公平に接してくれる
  • ミスをしたときはカバーしてくれる
  • 注意をされても、フォローがあるから落ち込まずに済む
  • シフトの変更など臨機応変に上手に対応してくれる
  • 従業員を大切にしてくれているのが分かる

男性オーナーは、苦情を受けてAさん本人に注意して様子をみることにしました。

それでもAさんへの苦情は減らずに、副店長に降格処分にしました。

その結果、Aさんはお店を辞めることになりました。

一方Bさんの方は、Aさんの退職後この2店舗の統括マネージャーになりオーナーの右腕として活躍しています。

スタートは同じでも、自分の考え方や行動で大きく差がついてしまいます。

仕事運は、自分次第で上げることも下げることもできるということです。

開業、経営に関する仕事運は?

フリーランス、個人事業主、会社経営、など自分で開業し経営していくときに気になる仕事運は、主に次のふたつです。

  • 開業が向いているか?(適性)
  • 経営が続けられるか?(事業の運勢)

開業、経営について占いで分かること

  • 開業の吉凶判断
  • 社名などの吉凶判断
  • 事業の運勢や継続性
  • 開業や時期の判断

開業、経営で自分では変えられない宿命的なもの

天職がある方は、本人の意思とは関係なく自然とその道に導かれていきます。

ただ、天職につながる人は、神社参拝やお墓参りを欠かさないなど神仏を大切にしていることが多いです。

開業、経営での仕事運が下がる行為

①他力本願

独立開業する場合は「最終的に頼れるのは自分一人」という強い気持ちが必要です。

②ビジネスのイメージができていない

明確なビジョンがないまま始めたビジネスは続きません。

コツコツとビジネスを育てていく覚悟が必要です。

開業、経営での仕事運を上げるには?

①神仏を大切にする

開業する場合は、神仏を大切にすることが基本です。

②周りの人への感謝の気持ちを忘れない

従業員、お客様、家族など、周りの人への感謝の気持ちをもつことで自然と仕事運は上がります。

③視野を広げてフットワークを軽くする

どんな業種でも、時代の流れを読んで早めに動くことで運を味方につけることができます。

【開業・経営】占いのワンポイントアドバイスで改善した例

出店していたイベントで知り合った女性のお客様。

「結婚して専業主婦になったけど、何か物足りないんです。働いた方がいいですか?」というご相談でした。

女性をみると、とても波動の高いブレスレットをしていたので「そのブレスレット、どうしたんですか?」というところから鑑定をスタートさせました。

そのブレスレットは、女性の手作りでした。

おまもり系のアクセサリーを作る能力とチャネリング力があって、その力でたくさんの人を助けることができる人という鑑定結果が降りてきました。

なので「正社員やパートではなくて、その能力を生かして自分で道を切り開いた方が良いですね。まずは、いくつか作品を作ってこのイベントに出てみない?」とおすすめしました。

翌月には、さっそくイベント出展していたその女性。

その後、様々なイベントに出演し、今は自宅サロンオープンさせています。

この女性は「まさか自分がこんな道に進むと思っていなかったけど、あのイベントに出かけるときに何かが変わる予感はありました。必然的な出会いだったと思います。あのとき背中を押してくれて本当に感謝してます。」とおっしゃってくれています。

私自身も、この女性との出会いは必然的なものだったと思っています。

そして、この女性が成功したポイントは次の4つだと思っています。

  • 自分の神様とちゃんとつながっている
  • お客様や周りの人を大切にしている
  • メニューや講座にオリジナリティがある
  • 作る作品やセッションのクオリティが高い
  • フットワークが軽く行動力がある

自分の宿命と向き合う、仕事運を上げる思考と行動、お客様に満足してもらえるための努力。

大切なことを知っている素晴らしいセラピストさんです。

仕事運についてのまとめ

仕事運はチャンスやタイミングといった要素もありますが、自分自身の考え方や行動で上昇させることができるものです。

ぜひ、仕事運をアップするために働き方や意識を見直してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
海音(カノン)

kanon

【ウラクル】などで占い師/セラピストをしている海音(カノン)です。 霊感・霊視、ドラゴンタロット、ヒーリングなどを使って、お悩み解決のためのセッションを行っています。

-多い相談・悩み
-